プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
82

深作欣二監督「軍旗はためく下に」を見る。

深作欣二監督の「軍旗はためく下に」は映画史、戦後社会史の双方においてもっと評価されてよい作品だと思う。

この作品、どういったわけか日本ではDVD化されていない。
しかし、アメリカではDVD化されている。

近年、「バトル・ロワイヤル」がアメリカでも高く評価されたこと、さらにはクエンティン・タランティーノ監督が「キル・ビル」において深作監督にオマージュを捧げたことからアメリカで評価が高いようだ。

早速、取り寄せてみた。

軍旗

こちらがそのパッケージ。アメリカ版タイトルは「Under the Flag of the Rising Sun」
DVDそのものは大変豪華だ。特典も充実している。副音声ではアメリカの映画評論家による解説まで収録されている。

この作品、原作は結城昌治の直木賞受賞作だ。

軍旗はためく下に (中央文庫BIBLIO)軍旗はためく下に (中央文庫BIBLIO)
(2006/07)
結城 昌治

商品詳細を見る


深作監督はポケットマネーでこの作品の映画化権を手に入れて映画化したという。
そして脚本を新藤兼人監督に依頼している。

舞台は昭和46年。ニューギニア戦線で敵前逃亡の罪で処刑された夫の真実を未亡人のサキエ(左幸子)が追う物語だ。
処刑された以上、サキエたちには遺族年金が支払われないのだ。しかし、お金よりも夫の身になにがあったのか、真実を知りたいと考えるサキエは当時の事情を知る兵士たちのもとを訪れるが・・・。


大阪都知事が先日、国歌斉唱時に起立しない教員を免職する条例を提案することが最近、ニュースになった。これに対して、昭和40年代から50年代は国歌や日の丸に対して公然と反論するのが珍しくなかったと思う。時代の流れを感じさせられる。当時、その傾向は映画においても例外ではなかった。「軍旗はためく下で」だけでなく、1974年に山下耕作監督によって映画化された「あゝ決戦航空隊」も同じ傾向を示しているかもしれない。「あゝ決戦航空隊」は特攻隊そのものを悲壮感をもって描き、特攻隊の生みの親とされる大西龍治郎が自決するまでをドラマチックに描いている(もっとも、大西は後年の調査で特攻隊の「生みの親」に仕立て上げられた、ということがわかってきていはいるようだ)。一見すると、勝ち目のない戦いにも挑んでいく男たちのヒロイズムを描いているようにも見える。しかし、登場人物の一人は敗戦に抵抗し、皇居の方角に向かって「天皇陛下、あなたは過ちを犯しましたぞ!あなたのお言葉で戦争をお始めになったのに、何ゆえ降伏なさるのでありますか!」と叫ぶ。

あゝ決戦航空隊 [DVD]あゝ決戦航空隊 [DVD]
(2005/07/21)
鶴田浩二、菅原文太 他

商品詳細を見る

また、野村芳太郎監督の「拝啓、天皇陛下様」もこの傾向を示しているのかもしれない。

拝啓天皇陛下様 [DVD]拝啓天皇陛下様 [DVD]
(2006/07/29)
渥美清、長門裕之 他

商品詳細を見る


「軍旗はためく下に」においても、映画のラストでは「日本」という国に対する不信感が強く訴えられている。

さらに「軍旗はためく下に」は戦争からの帰還兵たちの心の病、PTSDについても言及している。
こういったPTSDはアメリカ映画の「ディア・ハンター」や「7月4日に生まれて」などで描かれて話題になったが、それらを先取りする形で深作監督が描いていたのは驚かされる。

ディア・ハンター 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray]ディア・ハンター 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray]
(2011/06/08)
ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン 他

商品詳細を見る


7月4日に生まれて スペシャル・エディション 【ベスト・ライブラリー1500円:80年代特集】 [DVD]7月4日に生まれて スペシャル・エディション 【ベスト・ライブラリー1500円:80年代特集】 [DVD]
(2010/02/03)
キーラ・セシウィック、レイモンド・J・バリー 他

商品詳細を見る


また、この作品の物語の展開の方法にも注目したい。あまりにも明らかではあるが、多くの帰還兵の話の中から真実があぶりだされていく手法は黒澤明監督の「羅生門」(原作:芥川龍之介「藪の中」)と同じだ。

羅生門 デジタル完全版 [DVD]羅生門 デジタル完全版 [DVD]
(2010/07/23)
三船敏郎、京マチ子 他

商品詳細を見る


この手法、効果的だがトリッキーでもある。あまりうまく機能しない場合も多いようだ。今まで多くの映画がこの手法で描かれている。近年も「TAJOMARU」の題名でリメイクされた。
また、あまり知られていないが同じく「藪の中」を原作として吉田博昭監督の手でハリウッドで「アイアン・メイズ」の題名で映画化されている。

映画パンフレット 「アイアン・メイズ-ピッツバーグの幻想-」 出演 ジェフ・フェイヒー/ブリジット・フォンダ/村上弘明映画パンフレット 「アイアン・メイズ-ピッツバーグの幻想-」 出演 ジェフ・フェイヒー/ブリジット・フォンダ/村上弘明
()
アットワンダー

商品詳細を見る

しかし、あまり成功しているとはいえない。「真実はなにか」を知ることに緊張感があるわけで、その真実が「重い」ほどインパクトが映画として強くなる。この真実のインパクトが強くないと手法としては成功しにくいのかもしれない。

しかし、「軍旗はためく下に」はこういった意味において、この手法の効果を最大限に用いたものだろう。真実にたどり着く前に語られる帰還兵たちの様々な話もすべてインパクトの強い、凄惨な地獄のような戦場の「現実」なのだ。

近年ヒットした「告白」などの映画も社会的テーマをもっていて興味深かったが、「軍旗はためく下に」と比べると色あせてしまう。

さらにこの映画で用いられた撮影手法も特筆に値する。「軍旗はためく下に」はスタジオ撮影ではなく、ロケーション撮影が主であり、そのために手持ちカメラが多用されている。結果として荒々しく、ドキュメンタリー映画のようなリアリティと緊迫感がかもし出される。
この手持ちカメラの使用はフランスのヌーベルバーグ運動の原動力ともなった。フランソワ・トリュフォーらが手持ちカメラを使い、スタジオを使わず屋外で積極的にロケ撮影をした結果、巨額な予算を使わない、それでいて質の高い、問題意識の高い映画が製作されることが可能になったのだ。

フランソワ・トリュフォーDVD-BOX「14の恋の物語」[I]フランソワ・トリュフォーDVD-BOX「14の恋の物語」[I]
(2009/03/27)
ジャン=ピエール・レオー、デルフィーヌ・セイリグ 他

商品詳細を見る
(参考までに:お勧めです)

深作監督はこのあと、同様の手法により「仁義なき戦い」をはじめ、新たなスタイルの確立に向かって言ったのではないだろうか。この作品を見た後に「仁義なき戦い」を見るとあたらな魅力が発見できる。
仁義なき戦い [DVD]仁義なき戦い [DVD]
(2001/08/10)
菅原文太、松方弘樹 他

商品詳細を見る



そういった「映画史」の観点においても見逃すことのできない作品だ。
日本でのDVD化が待たれる。一人でも多くの人に見てもらいたい作品だ。

軍旗はためく下に [VHS]軍旗はためく下に [VHS]
(1987/07/01)
丹波哲郎、左幸子 他

商品詳細を見る
(興味のある方はこちらのVHSで視聴可能らしいです。アメリカ版DVDの場合リージョンコードの問題があるので購入する場合、注意してください)


映画「さよならジュピター」にも戦争の傷跡が色濃く反映されていたことが近年わかってきました。
これらの調査結果が明らかにされるMARIBUの「さよならジュピターをつくったわけ」を是非、一度お試しください。


最新第8巻が現在絶賛発売中です。

今回はついに動き出した「さよならジュピター」の映画化計画の全貌が明らかになります!

小松左京事務所イオにはSF映画を作るために才能ある若者たちが集まりだした。
米田裕や張仁誠、小川正晴など、日本を代表する若きSFアーティストたちが結集!夢に向かって「ジュピター」は走り始めた!

米田氏や張氏へのインタビューに基づき、当時の状況を分析。

小松左京事務所イオの提供により初公開の写真も収録!
連絡艇の模型完成時の貴重な写真も収録。
今まで謎とされていたオーソン・ウェルズへの出演交渉の詳細やアーサー・C・クラークが「さよならジュピター」と自作「2010年宇宙の旅」の類似点にショックを受けて小松左京に送った手紙の内容まで、すべてが明らかになる第8巻!
お見逃しなく!!

ファン必見の最新第8巻の購入はこちらから!!
(定価200円)


現在、第一巻は無料DL提供中!この機会に是非、お試しください。
第一巻、無料DLはこちらから!

slide 1

こちらはCM画像です




「卒業になりそこねた映画」

Corvette Summer

映画「スター・ウォーズ」でルーク役を演じたマーク・ハミルが出演した青春映画「コルベット・サマー」。
この知られざる作品に秘められたなぞを脚本第一稿や当時の資料を駆使して解析。

監督がこの作品で意図していたのはなんだったのか?

映画ファン、マーク・ハミルファン必読の一冊。



お求めはこちらから。


豊富な電子書籍を取り揃えております。
MARIBU出版HPへはこちらから。

当社は日本最大のデジタルコンテンツ発売のDLマーケットを通じて電子書籍の販売を行っています。
ご安心してお買い物ください。









スポンサーサイト
  • Date : 2011-05-18 (Wed)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop