プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

577

ジム・ジャームッシュの異色のサムライ映画「ゴースト・ドッグ」

ジム・ジャームッシュといえば「ストレンジャー・ザン・パラダイス」など、日本のミニシアターブームを引き起こした監督だ。

そのジャームッシュ監督が1999年に製作したアメリカを舞台にした「サムライ映画」が「ゴースト・ドッグ」だ。


「ゴースト・ドッグ」と呼ばれる現代に生きる殺し屋の物語だ。

フォレスト・ウィテカーが演じる殺し屋は武士の生きる道を記した「葉隠」のもとに、孤独に一人「浪人」のように武士道にのっとって殺し屋をしている。
そんな彼がマフィアに命を狙われる立場となり・・・。

という物語。



この映画が製作された90年代の後半には「レオン」だの「ニキータ」だのちょっと異色の殺し屋を描いた作品が公開されたが、この作品は最も秀逸だ。





そもそも新渡戸稲造の「武士道」ではなく「葉隠」をベースに生きる殺し屋というのが面白い設定だ。

「葉隠」は肥前国佐賀鍋島藩士の山本常朝が理想の武士像について記したもので、有名なのは「武士道と云うは死ぬことを見つけたり」という一節だ。



太平洋戦争において無謀な玉砕や自決に当時の軍上層部が陶酔してしまったのもベースにはこの「葉隠」の発想がある。しかし、歴史の記録を読むと、陶酔していた上層部に限って、自分の命を一番大事にしていたようだが・・・。

「葉隠」は三島由紀夫はじめ多くの人に影響を与えている。もし、知りたいのであれば三島の「葉隠入門」はおすすめ。



「ゴースト・ドッグ」は「死」に彩られた最頻と言える。さらには「葉隠」の思想をもとに主人公が「死に場所」を求めているように感じられる。

同様に死に場所を求めてさまようヤクザを描いた秀作に北野武監督の「Brother」が挙げられるだろう。
そういった意味において「Brother」と「ゴースト・ドッグ」には共通点が極めて多い。



よくみると「ゴースト・ドッグ」も「Brother」もマフィア/ヤクザ/ギャングを舞台にした「サムライ映画」の側面を持っていることが指摘できるだろう。

両作品とも社会から逸脱した現代の「サムライ(=浪人)」が自分の死を求めてさまよう姿が描かれているととらえることができる。


この作品は日本への言及が随所に行われている。

作品中に何度も登場するのが芥川龍之介の小説「藪の中」だ。



この作品は黒沢明監督の「羅生門」として映画化されているがアメリカ人に与えた影響は極めて多きい。



「藪の中」を原作としたポール・ニューマン主演の「暴行」や「アイアン・メイズ」なんてアメリカ映画もある。



注意してみないと見逃してしまいそうだが、殺し屋のゴースト・ドッグと雇用主の記憶が異なるシーンが描かれる。これは、当事者にとって「現実」の認識が異なるという「藪の中」の発想に通じている。

さらに殺し屋が最後の敵を倒す方法にも注目だ。これは鈴木清順監督の「殺しの烙印」と同じ手口だ。見事にオマージュがささげられている。



この作品、出演した俳優陣も見逃せない。

主人公のゴースト・ドッグを演じるフォレスト・ウィテカー。ジャームッシュ監督がウィテカーをイメージして製作したのが本作であることもあって、最大のハマリ役と言ってもいいくらいだ。

ウィテカーというと「フォレスト・ガンプ」のアンチテーゼともいえる「大統領の執事の涙」が挙げられるが、本作の方がぴったしくる気がする。



最近は「スター・ウォーズ/ローグワン」にも出演して活躍中だ。

個人的にうれしかったのはヘンリー・シルバが出ていたことが。セリフも少ないが、やはりこの人の存在感は抜群だ。

url.jpg(シルバ)


シルバはマカロニウェスタンやオーストラリア製の作品がハリウッド映画を装う際に、重用された俳優だ(日本映画の「復活の日」にも悪役ガーランド大佐で出演)。





この作品の前には「キングソロモンの秘宝2」なんてどうでもいい作品でどうでもいい役を演じていて残念だった。
あまりそういった意味においては役に恵まれなかった気がするが、本作では圧倒的な存在感で「これこそがシルバの代表作」と言っても過言ではないと思われる。


いろいろな楽しみ方のできる作品。
ぜひ、おすすめだ。
スポンサーサイト
  • Date : 2016-10-02 (Sun)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。