プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

576

グッバイ、レーニン!

2003年公開のドイツ映画「グッバイ、レーニン」。

東西に引き裂かれた国を巡るおかしくてちょっと切ない作品だ。


物語は東ドイツが舞台となる。生粋の共産主義者の母親が心臓発作を起こして昏睡状態になってしまう。

しかし8か月に渡って母親が昏睡状態にある間、ベルリンの壁が崩壊してしまう。
母親はやがて意識を回復するが、息子は医師からショックを与えると命に係わると警告される。

息子は母がショックを受けないように、ベルリン崩壊前の状態を必死で再現し、母親に東ドイツが消滅していないと信じさせようとするが・・・。

という物語。


面白いのは嘘が嘘を呼び、時に笑いを誘い、そして最後にはちょっと切なくなってしまう点にある。
三谷幸喜氏の作品に通じる面白さだ。

(三谷氏の代表作は絶対にコレ!)


実はこの物語には現実にあった設定が下敷きとしてある。
それは題名にもあるレーニンの晩年だ。

レーニンは晩年「ショックが健康状態を悪くする」とされて、レーニンが読むためだけの偽新聞が毎日刷られていたそうだ。

さて、日本人の我々からするとちょっとわかりずらいのだが、この作品のもうひとつの目玉はCGで再現された東独の街並みだった。

ベルリンの壁崩壊後、急速に東独の原風景ともいうべき姿は失われてしまった。それをCGでこの作品は再現したのだ。
つまり東独の元国民だった人々のノスタルジーを誘うことにも成功し、本国で公開されたときに話題になったのだ。

CGによる「もうひとつの世界」の再現はよく用いられる。

歴史のifに基づく世界を再現するのにCGは最適だ。

近年Amazonで製作されたオリジナルドラマ「高い塔の男」は日本とドイツが勝利したアメリカがCGで表現された。
韓国映画の「ロスト・メモリー」でも日本が第二次大戦に勝利した世界でのソウルが描かれた。






あとはルトガー・ハウアー主演の「ファーザーランド」でもドイツ勝利後のベルリン「ゲルマニア」の姿がCGで描かれていた。




さて、話を「グッバイ、レーニン!」に戻そう。

本作品を見ていただくとわかるがキーとなる人物として東独出身でソ連のロケット、ソユーズで宇宙に行った宇宙飛行士イェーンが登場する。

彼は東独ではヒーローであった実在の人物ジークムンド・イェーンである。

イェーンは「グッバイ、レーニン」に自身が登場することは許可したのだが、本人が出演することは拒否した。
この作品のスタッフのすごいところはキーとなるイェーンを再現するためにそっくりさんを探してきたことだ。

しかし、このそっくりさんがスイス人俳優だったことで問題があった。実在のイェーンはVogtland地方の出身で、この地域は特に訛りがキツイのだ。

そこでVogtland地方出身の声優を雇い、すべてのセリフを吹き替えるほどの徹底ぶりだった。

さて、これほどまでにこだわったのにもかかわらず・・・・映画を見た諸氏なら「大きなミスがある」ことに気付いただろう。

映画の中で1999年公開の映画「マトリックス」を彷彿とさせるTシャツを着ている登場人物がいるのだ。

(このイメージのTシャツ)


当然、この作品の舞台はベルリンの壁の崩壊直後、「マトリックス」はまだ公開されていないはずだ。

実は、このTシャツ、わざと着せていたのだ。
本編からカットされてしまったシーンがある。このマトリックスTシャツを着た青年は映画監督志望なのだが、カットされたシーンで「マトリックス」と同じあらすじを思いついて主人公に語るシーンがあったのだ。

つまり、この人物、「マトリックス」の先を行っていた、という設定にするためのギャグだったのだ。

しかし、国が分断されていることの悲劇は映画に力強いイメージを与えるのだろう。

当ブログでも以前、取り上げた「善き人のためのソナタ」もそのいい例を言えるだろう。



また同じく南北に分断された韓国で製作された「シュリ」の力強さは初めて見たときに圧倒された。




(ただし同じ南北分断を扱った「JSA」は全然面白くなかったなあ・・・)

「シュリ」と同時代に公開された日本映画のアクション大作がつまらなく見えてしまった・・・・。



スポンサーサイト
  • Date : 2016-09-24 (Sat)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。