プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

554

追悼・デビッド・ボウイ氏:その映画を振り返る

またひとり偉大なアーティストがこの世を去ってしまった。

デビッド・ボウイ氏。

私は音楽には詳しくないが、ボウイ氏の映画への貢献も偉大なものだった。



遺作となったCD「★」。


ボウイ氏の映画への貢献を考えるとき、日本で話題になるのは「戦場のメリークリスマス」だろう。



英国の学校システムの中での弟との関係性から第二次大戦中の捕虜としての環境、ホモセクシャルな側面など芸術性の高い作品で印象深い。

一方でSF作品として挙げられるのが「地球に落ちてきた男」



これもヘテロセクシャルなボウイの魅力の詰まった作品だった。

一方でホラー的な魅力にも満ちていた。

カトリーヌ・ドヌーブと共演した「ハンガー」は傑作だ。



またファンタジー映画では「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカス製作総指揮の「ラビリンス・魔王の迷宮」。




あのセサミストリートなどの製作でも知られ、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」のヨーダの演出に貢献したジム・ヘンソンが監督した。
ジェニファー・コネリーの初々しさが印象的だが、ボウイ氏の悪魔的なきらびやかさ際立つ作品だった。

テーマ曲もボウイ氏が手掛けていた。




(ジェニファー・コネリーもかわいらしかった)

個人的にはそのイメージを最大に引き出したのはデビッド・リンチ監督かもしれないと思っている。

現在、新作が製作中の「ツインピークス」の映画版「ローラ・パーマー最後の7日間」では失踪した謎の捜査官を演じていた。



そして問題作「ロスト・ハイウェイ」のテーマ曲。




難解かつ不気味な作品にベストマッチだった。



そして英国のTVシリーズ「時空刑事1973」



しかしなんとかならないかねえ、この馬鹿みたいな邦題。
「未来警察ウラシマン」じゃないんだから・・・。

原題はボウイ氏の名曲「Life on Mars」からつけられている。

もう1973年の時代背景をバッチシ表現しているとともに作品世界を広げていた。

ボウイ氏の冥福を心からお祈りいたします。





スポンサーサイト
  • Date : 2016-01-11 (Mon)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。