プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
55

人類の祖先はいつアフリカを去ったのか

アフリカで人類が誕生してから世界に広がっていったのはいつ頃なのだろうか?

今までの学説では人類の祖先がアフリカを出てアジア方面に向かったのは65000年前と考えられていた。

今回これを大幅に上回る125000年前に人類の祖先がアジア方面に向かって移動したのではないか、という発見があった。
arab
<今回の発見の舞台となったのは、アラビア半島の東端>
さて、人類の祖先がアジア方面に向かったのが65000年前だとする従来の説にはきちんんとした根拠がある。それは遺伝子解析によって割り出した年代なのだ。

つまり、遺伝子に刻み込まれた人類の「記憶」を解析することで出した年代だ。

しかし、今回アラビア半島の東端、ジェベル・ファヤでみつかったのはハンドアックス(石斧)と矢じりと思われる石器だ。ところが、これらが作られた年代は125000年前と出た。しかも、これらの石器の特徴がアフリカで発見される同時期(125000年前)の石器の特徴と一致するのだそうだ。

これらのことから、アフリカにいた人類の祖先の一部が紅海を越え、アラビア半島の東端にまで到達していたのではないか、と考えられる、ということになる。

もちろん反論もある。
しかし、実にエキサイティングな発見だ。

人類の進化、発展にはまだまだ謎が多い。こういった発見の報告は実に知的好奇心がそそられるものだ。



MARIBU出版は科学者を中心に科学や歴史の真実を学術的に、なおかつ面白く読者の皆さんに伝えることをモットーにしています。
ハイレベルの読書を目指す方に満足いただける本をお届けします。

弊社と独占翻訳契約を結んだユリス・ガルバノフスキー博士はバイオイメージングの分野で活躍する世界の認める一流科学者です。東欧、ラトビア大学を優秀な成績で卒業し、モスクワ大学で学んだユリス博士は科学だけでなく、歴史、哲学、文学にも深い造詣をもった、まさに「知の巨人」です。
「知の巨人」ユリス博士の教養を、MARIBUは自信をもって読者の皆さんに提供します。

ユリス博士が「視覚」の科学的歴史を書いた名著「イメージング」ついに邦訳!
すぐに読み通せて、確実に知性がつく。
imaging
定価200円

お求めはこちらから。

「イメージング」のCMです。お試しください。


また、ユリス博士のエッセイ集「ユリス博士、大いに語る」も絶賛同時発売中です。
Juris

お試しください。

当社は日本最大級のダウンロードマーケット「DLマーケット」を通じて電子書籍の販売を行っています。
安心してお買い物ください。

また、ユリス博士シリーズ以外にも多数のハイレベルな読書好きの皆さんが満足いただけ電子書籍を低価格で提供させていただいています。

無料キャンペーン商品も多数そろえておりますのでお試しください。

MARIBU出版HPはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2011-01-28 (Fri)
  • Category : 科学
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop