プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
521

「猿の惑星」と自由の女神

チャールトン・ヘストン主演の「猿の惑星」


衝撃はなんといってもそのラストシーン。



自由の女神に絶望する主人公のシーンは映画史に残るシーンだ・・・。

このイメージのルーツはなんだったのだろうか?

あまりにも有名すぎるシーン。

パロディにも用いられている、

  

こちらの作品にもパロディとして登場していた。

「猿の惑星」には「トワイライト・ゾーン」の製作者ロッド・サーリングが参加していた。

「トワイライトゾーン」っぽいエンディングのオチにこれはサーリングの発案、という噂がある。
細かく調べるとどうやら違うようだ。


こちらはファンが「猿の惑星」を「トワイライト・ゾーン」の一エピソード風に編集したもの。

しかしアメリカ人にとって「自由の女神が壊れている」というのは「アメリカの崩壊」を象徴するのもなのだ。

したがって「猿の惑星」以前から繰り返し登場している、

SFでいえばたとえばこちらの表紙。

statue-schomburg.jpg



13Balfour-Ker.jpg


古くは1910年の小説の挿絵にそのイメージは登場。

16Congress.jpg

こちらは1918年のアメリカ政府の広報ポスター。

自由の女神がアメリカ文化に与えるインパクトから「猿の惑星」のラストシーンを考えると別の側面も見えてくるのだ。
スポンサーサイト
  • Date : 2015-08-29 (Sat)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop