プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
520

「ジュピター」をめぐるアレコレ

ウォシャウスキー姉弟の新作をやっと見た。



かなり酷評されていたが・・・。
確かに期待していた作品とは違っていたが・・・。

この作品は実は「オズの魔法使い」が発想のもとだそうだ。
そう言われると妙に納得してしまったりする。


監督によればジュピターはドロシーでケインはなんとトトだそうだ。

となると反重力で飛べる靴は「赤い靴」を象徴か?

そのほかにもオマージュがいくつか見られた。

まず王位継承手続きの担当官はテリー・ギリアムだ。
ギリアムの「未来世紀ブラジル」へのオマージュとして台詞の中に「セントラル・サービス」が登場する。
事務手続きの煩雑さなども含めて「未来世紀ブラジル」へのオマージュだろう。

  



ショーン・ビーンが演じたスティンガーだが、引退して地球に住んでいて養蜂業を営んでいるという設定はシャーロック・ホームズへのオマージュなのかな?
ホームズは引退後は養蜂をする、と言っていたように記憶しているのだが・・・。


(こちらは引退後のホームズが活躍する作品)

加えて全体的に「デューン・砂の惑星」の影響も受けているのかもしれない。

  

さらにこの作品のエンディング・・・主人公が空を飛んでカメラに向かって突き進む、というのは「マトリックス」へのセルフオマージュなのかな?

  



木星大気圏のシーンはちょっと「さよならジュピター」を連想する。CGのなかった時代に本作品に匹敵する木星大気のシーンを撮影した川北紘一監督に敬意を表したい。



スポンサーサイト
  • Date : 2015-08-16 (Sun)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop