プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

519

沖縄について

このブログでは基本的には政治的な話題は取り上げないことにしていた。

しかし、沖縄米軍基地問題。
これは日本人ならもっと真剣に考えなければいけない。

忙しい現代社会。沖縄問題の本質をこれからたくさんの知識を身に着けるのは大変だ。
しかも、現在の辺野古問題に関しては、悠長に今から調べ始めては遅い。

そこでとりあえず、沖縄問題の本質を考えるきっかけとしてこちらの漫画を勧める。
漫画ならすぐ読める。そしてこの作品は傑作だ。読む者の心に響く。何かを考えないではいられない。

   



本来であれば新聞は少なくとも主要紙は全部、目を通しておきたいところだ。
沖縄問題をめぐる各紙の論調はそれぞれ日本の意見を代表しているので考察するのには最適だ。

朝日、毎日は沖縄に住む人に視点を向けつつ考察している、日経はどちらかというと政府寄りだろうか。産経が政府寄り。
各紙のそれぞれの意見にきちんと耳を傾けるのが大事だ(個人的には読売は論外、読む価値はないと思う)。


私はここでどちらの新聞の意見に寄った考えかを述べる気はない。
それは各個人が「自らの意見」を形成することが大事だと思うし、それは尊重するべきだと思うからだ。

当ブログを読んでくれている方は知的な方だと信じているので、「他人の意見を鵜呑み」にしないで「自分の意見をしっかり」と持つことの重要さについて私と同意見の方々だと思って言える。


それにしても、昨今の政治家たちのきわめて稚拙な「言動」にすこし驚きを感じる。
政治の世界も年功序列で、年寄の議員がバカな発言を言っても問題にならない傾向があるが・・・。
年功序列で知識が欠如している世代はもう仕方ないにしても、若手の発言の数々もひどい。立派な略歴にもかかわらず「何も本質を理解していない」からなのだろうか?私が最も嫌う「お勉強はできるが学問は出来ない」典型的なタイプなのかもしれない。

年功序列にどっり浸かっている年配の議員はもはや手遅れだから、もうどうでもいい。
でも若手の議員先生方には是非、今回の問題を真剣に「自分の頭で考えて」いただきたいと切望する。まだ手遅れでないと信じたい。

このままでは沖縄問題は民族問題に発展しかねない。
佐藤優氏も同じ懸念を抱いていて驚いたが、このままいけば極端に言うと英国のスコットランド独立問題のようになってしまいかねない、と私も思う。

沖縄の問題は「日本人全員の問題」だ。

真剣に自分の問題として、自分で考えることがまずは大事だ。

自分できちんと考えよう、物事の本質を考えよう、そう心がけているひとにとって上記の「カジムヌガタイ」はいいきっかけを与えてくれるはずだ。
それから自分で沖縄問題関連の書籍を少なくとも10冊読めばいいのだ。



この本を読むと「考える」ことを放棄することはできなくなる。
スポンサーサイト
  • Date : 2015-08-02 (Sun)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。