プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

45

メビウスの傑作「アンカル」ついに邦訳発売!

フランスの漫画家メビウスの傑作「アンカル」の完全邦訳版がついに販売された。

L'INCAL アンカル (ShoPro Books)L'INCAL アンカル (ShoPro Books)
(2010/12/21)
アレハンドロ・ホドロフスキー

商品詳細を見る


日本では過去に第一巻だけが邦訳されていたが、今回はついに完全邦訳となった。
映画「フィフス・エレメント」や「ブレードランナー」など数多くの映画に影響を与えた傑作。
さらには大友克洋、宮崎駿など日本のクリエーターにも多大な影響を与えた作品だ。
この作品、しびれを切らして英語版を購入して読んだほどだった。
まずは日本語版が登場したことを大歓迎したい。

メビウスは日本通で、手塚治虫氏や大友克洋氏の作品にも造詣が深いそうだ。さらに宮崎駿監督をこよなく愛し、娘の名前を「ナウシカ」にしたとか・・・。

それにしても1980年代、フランスのコミックは熱かった。その中でもメビウスは日本版スターログ誌の読者にとっては伝説的人物だった。
「アンカル」は「エル・トポ」などを監督したアレハンドロ・ホドロフスキーとメビウスが組んで製作した一大SF大作だ。
メビウスとホドロフスキーの二人はフランク・ハーバートの「デューン」を映画化する計画で知り合った。
結局、この「デューン」の映画化は頓挫し、のちにデイヴィッド・リンチによって映画化された。

デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]
(2010/08/04)
カイル・マクラクラン/ショーン・ヤング/スティング/ケネス・マクミラン

商品詳細を見る


メビウスとホドロフスキーの目指した「デューン」がいかなるものであったのかは不明な点も多い。
弊社にて販売している「さよならジュピターをつくったわけ」はもともと「小松左京マガジン」誌上に連載された「さよならジュピターのミステリー」を大幅に加筆・改定したものだが、その連載の中で一度、メビウス/ホドロフスキー版の「デューン」についての細かい考察が行われている(「小松左京マガジン。26巻」)。興味のある方はご一読を。

<「デューン」についてが掲載された「小松左京マガジン」については下のアマゾンへのリンクからどうぞ>


小松左京マガジン 第26巻


<小松左京マガジンの詳細はこちらまで>


ちなみに「アンカル」の主人公ジョン・ディフォールに関しては前日譚ともいえるスピンオフも発売されている(邦訳はまだ)。漫画そのものはメビウスによるものではないが、メビウスとホドロフスキーの二人は企画に参加しており、クオリティは高い作品なので一読には値する。「アンカル」邦訳版が気に入った場合には是非、押さえておきたい一冊だろう。

Incal, Bk. 1: Orphan of the City Shaft (Incal (Humanoids Publishing))Incal, Bk. 1: Orphan of the City Shaft (Incal (Humanoids Publishing))
(2002/07)
Alexandro Jodorowsky

商品詳細を見る


ちなみにこの「アンカル」前日譚は英語版なので英和辞書と英語の基本的知識があればじゅうぶんに読みこなせるのでお勧めだ。

残念ながら、「小松左京マガジン」に記載されたホドロフスキー/メビウスによる映画版「デューン」に関する記載は弊社発売の電子書籍版「さよならジュピターをつくったわけ」からは割愛されている。とはいえ、SF映画ファンにとっては見逃せない数々の70-80年代のSF映画の貴重な情報が記載された「さよならジュピターをつくったわけ」はMARIBUより電子書籍として発売中です。
iPadでの読書のお供に是非、お試しください。

DLマーケット、ダウンロードランキング1位を記録!絶賛DL販売中。
現在、キャンペーン中。第一巻を無料ダウンロード。
BBJ cover

こちらは「さよならジュピターをつくったわけ」のCM映像です。お試しください。


お求めはこちらまで。

pdfなのでiPadやiPodでの読書にも対応。
1冊200円~。コーヒー一杯以下の値段で手に入る読書体験。


スポンサーサイト
  • Date : 2011-01-05 (Wed)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。