プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

433

「ツインピークス」が帰ってくる!詳報!リンチたちのツイートや発表を原文で分析。



昨日デイヴィッド・リンチによるカルトTV番組「ツインピークス」が再来年に復活することが発表された。

「ツインピークス ローラ・パーマー最期の7日間」以来の新作だ。

リンチたちのツイートや発表を原文で分析して現在の状況をまとめてみた。


【数量限定生産】ツイン・ピークス 完全なる謎 Blu-ray BOX(10枚組)(リンチ監修日本版オリジナルTシャツ付)【数量限定生産】ツイン・ピークス 完全なる謎 Blu-ray BOX(10枚組)(リンチ監修日本版オリジナルTシャツ付)
(2014/07/29)
カイル・マクラクラン、レイ・ワイズ 他

商品詳細を見る
こちら最新のBRディスクにはリンチ編集による「最期の7日間」の未使用シーンによる特典映像を収録。





「ツイン・ピークス」といえば90年代に熱狂的なファンを生んだカルトTV番組だ。


ブロマイド写真★カイル・マクラクラン海外ドラマ『ツイン・ピークス』4人ブロマイド写真★カイル・マクラクラン海外ドラマ『ツイン・ピークス』4人
()
シネマインク

商品詳細を見る


カイル・マクラクラン演じるクーパー捜査官がドーナツ片手にダウジングを駆使した捜査を行う奇妙なドラマは日本のファンも夢中になった。

当時ビデオレンタル店で「レンタル中」のタグが下がったビデオパッケージを何度もくやしい思いで見たのを覚えている。

TVドラマにもかかわらず奇妙なエロティックさもあって、それも魅力だった。


大きな写真「ツイン・ピークス」のシェリリン・フェン大きな写真「ツイン・ピークス」のシェリリン・フェン
()
コダック・デジタルプリント

商品詳細を見る
オードリーを演じたシェリリン・フェンの魅力に取りつかれた人も多かったはず。

当時は関連本も多く出版された。
私も夢中になって読んでしまった。


ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)
(1991/11)
スコット フロスト

商品詳細を見る
「ダイアン・・・」のクーパー捜査官のボイス記録そのものが本になった。


ツイン・ピークス―ローラの日記 (扶桑社ミステリー)ツイン・ピークス―ローラの日記 (扶桑社ミステリー)
(1991/06)
ジェニファー リンチ

商品詳細を見る
デイヴィッド・リンチ監督の娘が書いた「ローラの日記」も販売。

ちなみにクーパー捜査官の独白はマクラクラン自身の録音によって以下のテープ版も発売された。


DIANE - TWIN PEAKS TAPES OF AGENT COOPERDIANE - TWIN PEAKS TAPES OF AGENT COOPER
(1990/10/01)
Kyle MacLachlan

商品詳細を見る
これは「ツイン・ピークス」ファンなら必携!ドラマ中でクーパー捜査官がボイスレコーダーに語った台詞だけでなくオリジナルの音声も収録した逸品。

テレビシリーズは「わああ!」というラストで、反則技とも言うべき強引さで全てのプロットに決着を与えてしまった。

その後に発表された映画版「ローラ・パーマー最期の7日間」はあまり評価が高くなかった。


映画チラシ 「ツイン・ピークス-ローラ・パーマー最期の7日間-」監督 デビッド・リンチ 出演 カイル・マクラクラン/デビッド・ボウイ/キーファー・サザーランド映画チラシ 「ツイン・ピークス-ローラ・パーマー最期の7日間-」監督 デビッド・リンチ 出演 カイル・マクラクラン/デビッド・ボウイ/キーファー・サザーランド
()
アットワンダー

商品詳細を見る


個人的には映画版も大好きだった。映画版を見ても何も解決しないのだが、ローラを主人公にしたまったく独立した作品と考えると「ツインピークス」の世界がさらに広がった観があった。

映画版にせよTVドラマにせよ「25年後」というのは鍵となる部分だった。

そしてパイロット版製作から25年・・・ついに「ツイン・ピークス」が帰ってくる。

現在までに明らかになっていることをまとめてみよう。

まず来年から製作が開始される。公開は2016年、つまりパイロット版公開から25年後だ。

全9話が製作され監督はすべてリンチが行う。脚本はオリジナルのTVシリーズ同様マーク・フロストが共著になる。

フロストはミステリー作家としても活躍しており「リスト・オブ・セブン」は特におすすめ。


The List of SevenThe List of Seven
(1993/10/07)
Mark Frost

商品詳細を見る


日本語訳はこちら。

リスト・オブ・セブン〈上〉 (扶桑社ミステリー)リスト・オブ・セブン〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(1995/01)
マーク フロスト

商品詳細を見る



ドイルと、黒い塔の六人〈上〉 (扶桑社ミステリー)ドイルと、黒い塔の六人〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(1998/12)
マーク フロスト

商品詳細を見る


気になるのは出演陣。クーパー捜査官は帰ってくるのか?

これに関してはクーパー捜査官を演じたカイル・マクラクランが意味深のツイートを発信。
以下はその翻訳。

「パーコレータを温めはじめて・・・黒いスーツを探さないと・・・」

ファンならわかる意味深のツイートだ。


ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)
(1991/11)
スコット フロスト

商品詳細を見る
黒いスーツ・・・。

製作元となるshowtimeのデビッド・ネビンス社長は「これ以上何が言えるだろうか・・・デイヴィッド・リンチとマーク・フロストのツインピークスは2016年にshowtimeで!」と発表。

そして最新の2016年公開のTVシリーズ予告編を公開。


さて、リンチとフロスト共同の声明文は・・・これまたイカしているのだ。

「私たち二人が、どこにたどり着くことになるかわからないが美しくて奇妙な場所に違いないと確信しています。ツインピークスのミステリアスで特別な世界は私たち二人を再び引き寄せてます。とても興奮しています。森がともにあることを」

特にラストの「森がともにあることを」がいい。

原文では「May the forest be with you」つまり「スター・ウォーズ」の「フォースがともにあることを(May the force be with you)」に対抗しているのだ。

現在製作中の「スター・ウォーズ」最新作より個人的には楽しみだ!
最新の情報が入り次第報告します!


スポンサーサイト
  • Date : 2014-10-08 (Wed)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。