プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

432

みんな知ってて、知らない漫画家、長谷川町子がわかる本

長谷川町子といえば「サザエさん」。

誰もが知っているその作品だが・・・アニメは知っていても原作は知らない・・・ましてや作者のことは・・。

そんな人も多いのかもしれない。

でも、そんな「サザエさん」とその作者についてもっと知りたい、そんな欲求に手頃に答えてくれるのがこちらの本だ!

ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉長谷川町子ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉長谷川町子
(2014/08/27)
筑摩書房編集部

商品詳細を見る



基本的には「サザエさん打ち明けばなし」などの引用が多いが、「サザエさん」関連のノンフィクションの本を要領よくまとめた感のある本。


サザエさんうちあけ話・似たもの一家サザエさんうちあけ話・似たもの一家
(2001/05)
長谷川 町子

商品詳細を見る


しかし、読みやすいので長谷川町子のバックグラウンドの概略を手っ取り早く知りたい人にオススメ。



「サザエさん」の魅力は図らずも日本の戦後史を庶民の眼からとらえたことにあるのだろう。


サザエさんをさがしてサザエさんをさがして
(2005/12)
朝日新聞be編集部

商品詳細を見る
こんな本もある。昭和の時代背景を「サザエさん」を通じて考察している点が面白く読みやすい。

情報は満載だ。長谷川町子の姉が「黒扇」の藤島武二に師事していたとは知らなかった。


日本の名画〈31〉藤島武二 (1973年)日本の名画〈31〉藤島武二 (1973年)
(1973)
不明

商品詳細を見る
(こちら「黒扇」の一部が表紙に使われている)

長谷川町子は1933年に父親の逝去の後、1934年に「のらくろ」の田河水泡に弟子入りしている。


のらくろ喫茶店 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)のらくろ喫茶店 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)
(2012/07/21)
田河 水泡

商品詳細を見る



田河はもともと抽象画の画家を目指していたが売れなかった。さらに新作落語の作家をしていた経験もあって漫画家になった。長谷川の作品には落語の影響が色濃く残っているが、これは師匠である田河の影響とも考えられる。


新やじきた道中記新やじきた道中記
(2001/06)
長谷川 町子

商品詳細を見る
(長谷川町子の「新やじきた道中記」は落語的笑が満載だ)

「のらくろ」と言うと戦中の作品の印象が強いが、「軍隊をバカにしている」という理由で真珠湾攻撃の直前、1941年の10月に掲載中止となっている。
人気漫画家の田河のもとには弟子入り希望者が殺到していた。しかし、長谷川町子は二人目の弟子だった。もうひとりは「あんみつ姫」の倉金章介。


あんみつ姫完全版 1(あんの巻) (バーズコミックススペシャル)あんみつ姫完全版 1(あんの巻) (バーズコミックススペシャル)
(2008/03/24)
倉金 章介

商品詳細を見る


戦前の代表作は1940年連載開始の「仲よし手帖」。現在、入手できる版は戦後に大幅に加筆が行われたもの。検閲が厳しくて描きにくかったとのちに告白している。


仲よし手帖仲よし手帖
(2001/07)
長谷川 町子

商品詳細を見る


この本からわかるのは長谷川町子の戦前の作品をそのまま読むことが困難である、ということだ。是非、そのあたりまで追求し、長谷川町子の作品形成のルーツに迫った評伝を読んでみたい。

長谷川一家は戦中に長野に疎開することを考えていたが、たまたま来た知人のススメで故郷の福岡に疎開。これがきっかけになって「サザエさん」が生まれたのだから世の中は偶然に彩られている・・・。
「サザエさん」は海岸で思いついたので一家の名前が全部魚関連というのが有名な話だが「サザエ」は町子が愛読していた志賀直哉の短編小説『赤西蠣太』に出てくる侍女・小江からとったされている。ちなみにこの作品は伊丹万作監督、片岡千恵蔵主演で映画化されている。


赤西蠣太 [VHS]赤西蠣太 [VHS]
(1995/09/08)
片岡千恵蔵

商品詳細を見る


終戦の翌年、「サザエさん」の連載が「夕刊フクニチ」で開始。夕刊フクニチは戦後の紙の不足もあって表裏2ページ、わずか1枚の新聞だった。漫画は新聞にとって大事なセールスポイントだった。それまで「福坊」の題名で絵心のかる記者が漫画を描いて連載していたが、結局プロである長谷川町子に依頼された。
この連載が注目されて朝日新聞の夕刊で連載が開始。皮肉にも朝日新聞に「サザエさん」の連載が開始されたのは解任されたマッカーサーが日本を去った日だった。

毎日の連載が長谷川町子の完璧主義にとって大変なものであった、ということは良く言われていた。「サザエさんうちあけ話」ではそのストレスもあって胃潰瘍になったかのように描かれていたが、実際には胃癌だったそうだ。家族の意向で本人には告知されていなかったのだろうか。
手術をしたのは東京女子医科大学の中山恒明。「うちあけ話」を読むと、今の基準で言うとかなり傲慢な感じのドクターに見えるが、当時はこれが当然でむしろ「やさしい先生」だったのだろう。松本清張の「わるいやつら」の医師も映画化された際にはかなり傲慢な感じだった。70年代まで医者は傲慢でも許される存在だったのだなあ、と。もちろん今でも傲慢なままの時代錯誤医者はいる(大学教授などに多いな・・・もちろん全部ではないが)。

国民的漫画として評価の高かった「サザエさん」は毒のあるネタがかきにくいという弊害があったそうだ。その中で「いじわるばあさん」は長谷川町子の本領が発揮された作品として位置づけられるとのこと。


いじわるばあさん1巻いじわるばあさん1巻
(2013/12/06)
長谷川町子

商品詳細を見る


「サザエさん」は日本の戦後史を考える上で外国に紹介するのも重要だろう。

そんなときにはこちらの本がおすすめ。


対訳 サザエさん〈1〉【講談社英語文庫】対訳 サザエさん〈1〉【講談社英語文庫】
(2003/09/05)
長谷川 町子

商品詳細を見る


長谷川町子は漫画のキャラクター権について日本で訴訟を起こし、作家性の普及のために貢献したことでも知られている。
アニメ化された「サザエさん」には好意的な印象を持っていなかったとされる作者。そんな長谷川町子の医大な業績を考える上で、今回の評伝はおすすめだ。


コカコーラ cocacola 限定 磯野サザエ サザエさん 長谷川町子美術館 つながる縁側フィギュア ワカメちゃんコカコーラ cocacola 限定 磯野サザエ サザエさん 長谷川町子美術館 つながる縁側フィギュア ワカメちゃん
()
Coca Cola

商品詳細を見る
アニメ版は原作と確かに異なる


【奥野かるた店】サザエさんかるた 監修:長谷川町子美術館【奥野かるた店】サザエさんかるた 監修:長谷川町子美術館
()
Okunokaruta-ten(奥野かるた店)

商品詳細を見る
これが本物の「サザエさん」だ!

スポンサーサイト
  • Date : 2014-10-04 (Sat)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。