プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 清柳

    清柳

    2011-01-15 (Sat) 12:11

    はじめまして。

    自分も野口英世が好きで調べていますが、フレキスナーの伝記があるのは知りませんでした。

    でも、英語が読めないので、翻訳されたのが出てくれると嬉しいですね。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

42

野口英世という科学者

「野口英世」というとなにを思い浮かべるだろうか?
「千円札の肖像」、「黄熱病」といったところだろうか。

近年になって多くの科学者たちが野口英世を強く非難する傾向があるようだ。
たしかに野口の研究成果は今日の目から見ると間違っているものも多い。しかし、野口が研究していたのは今から100年近くも前のことだ。100年前の科学者の研究成果が現代の科学者たちがよってたかって非難する、という例は極めて異常だ。野口以外に例がない。

それほどまでに野口の影響力が強いということなのだろうか。

そんな野口の研究とは本当はどのようなものだったのか?
多くの野口を非難する科学者は渡辺淳一氏の「遠き落日」とイザベラ・プレセット女史の「野口英世」の二冊を参照していることが多い。「遠き落日」と「野口英世」の二冊は確かに優れた小説と伝記だ。しかし、科学者ではないこの二人が執筆した本だけを参考に「現代の科学者」が「100年前の科学者」の業績を非難するのは「科学者」のやり方としては問題があるかもしれない。

そこで今回は野口英世の実情に迫る書籍の紹介をしてみたいと思う。

遠き落日(上) (集英社文庫)遠き落日(上) (集英社文庫)
(1990/05/18)
渡辺 淳一

商品詳細を見る

まず、野口の業績に関してもっともわかりやすく執筆されているのが中山茂の「野口英世」(朝日選書)。
これだけで物足りない人には小暮葉満子「野口英世 21世紀に生きる」がオススメ。

野口英世―21世紀に生きる野口英世―21世紀に生きる
(2004/08)
不明

商品詳細を見る


さらに研究業績まで詳しく知りたくなった人には鳥山重光「黎明期のウィルス研究」を強く勧める。専門性が高いのでサラリと読みとおせるものではないが、満足度は高い本だ。

黎明期のウイルス研究―野口英世と同時代の研究者たちの苦闘黎明期のウイルス研究―野口英世と同時代の研究者たちの苦闘
(2008/10)
鳥山 重光

商品詳細を見る


野口英世のアメリカでの私生活については不明な点も多い。
それらに光をあてたものとしては浅倉稔生の「フィラデルフィアの野口英世」と飯沼信子「野口英世の妻」、山本厚子「野口英世、知られざる軌跡」が断然オススメ。

英語が読めるなら野口英世のアメリカ時代の上司サイモン・フレキスナーの伝記「An American Saga」も忘れてはいけない。

An American Saga: The Story of Helen Thomas and Simon FlexnerAn American Saga: The Story of Helen Thomas and Simon Flexner
(1997/10)
James Thomas Flexner

商品詳細を見る


今まで野口英世に関しての本が日本では多数発行されているが、このフレキスナーの伝記を誰も取り上げていないのはどういうことだろうか?プレセットの「野口英世」とは比べ物にならないくらいに資料価値が高い一冊だ。なぜなら、これを書いたのはフレキスナーの実の息子で伝記作家のジェームス・T・フレキスナーだからだ。

弊社から出版されている「野口英世はなにを見たのか」も是非、おすすめ。
ここで紹介した野口の本はもちろん、日米で発行された様々な野口英世関連の書籍から野口の執筆した論文まで、すべてを徹底的に調査した一冊。

表紙 - おためし
現在無料お試し版(前半のみ)も公開中。完全版(200円)には野口英世の捏造説やその本当の業績にいたるまでが細かく解説。
お求めはこちらから。

ニューヨーク時代に野口夫妻と同じアパートに住み、野口の親友と言われていた日本人画家、堀市郎の伝奇も出版された。
日本人ハリウッドスターの早川雪州と野口の交流も書かれた貴重な一冊。


野口英世の親友・堀市郎とその父櫟山―旧松江藩士の明治・大正時代 (山陰文化ライブラリー 2)野口英世の親友・堀市郎とその父櫟山―旧松江藩士の明治・大正時代 (山陰文化ライブラリー 2)
(2012/05)
西島 太郎

商品詳細を見る



野口英世という科学者の影響力の大きさを考えさせられる。
100年近くたっても非難されるのはなぜだろうか?現代の科学者にとってルサンチマンの解消なのだろうか?よくわからない。

純粋に科学者として「間違った結果を発表した」ということを非難するのだとすれば、野口以外にも多くの科学者がいる。同時代(20世紀初頭)の医師としては森鴎外の「脚気伝染病説」のほうが学問的には問題が大きい。森の場合、自説の展開に際して「軍医総監」という政治的立場も加わったため、学者として「間違った意見を述べた」ことの影響力は野口以上かもしれない。
しかし、今日の科学者で森を非難しているのはあまり聞かない。
誤解しないでほしいが、森鴎外を非難しているのではない。100年前の間違った「科学の説」を現代の我々が非難するのはフェアではない。ただ、もし「100年前の野口の間違いが許せない」というポリシーの元に野口を「現代の科学者」が非難するのであれば森鴎外の間違いは我慢できないはずだ。
それをしないで野口だけをひたすら非難するのは大人げないし、科学者としての資質にもかかわるのでやめたほうがいいのではないだろうか・・・・。

いや、非難すること自体は問題ないだろう。野口も科学者である以上、後世になって非難されてしまうのは「学者の宿命」かもしれない。
しかし、「遠き落日」一冊だけを根拠に、というのはやめるべきだ。
スポンサーサイト
  • Date : 2010-12-23 (Thu)
  • Category : 科学
1

Comment

  1. 清柳

    清柳

    2011-01-15 (Sat) 12:11

    はじめまして。

    自分も野口英世が好きで調べていますが、フレキスナーの伝記があるのは知りませんでした。

    でも、英語が読めないので、翻訳されたのが出てくれると嬉しいですね。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。