プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

413

ケン・フォレット原作「大聖堂 果てしなき世界」を考察

ケン・フォレット原作の「大聖堂 果てしなき世界」のドラマ版をやっと見た・・・。

前作の「大聖堂」のドラマ版は日本でもDVD化されているが、こちらの続編はまだDVD化されていないようだ。

原作は原著で読んでいたが(とてもわかりやすい英文なので英語の勉強に最適)、ドラマはアマゾンUKからDVDだけ買ってずっと見ていなかったが、ようやく見ることが出来た。

いやあ、面白かった。

そこで歴史的事実と見比べてみた(若干のネタバレあります)。


World Without End [DVD] [Import]World Without End [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る



大聖堂―果てしなき世界 (上) (ソフトバンク文庫)大聖堂―果てしなき世界 (上) (ソフトバンク文庫)
(2009/03/17)
ケン・フォレット、Ken Follet 他

商品詳細を見る
こちらは原作


ケン・フォレット原作 リドリー・スコット製作総指揮 ダークエイジ・ロマン 「大聖堂」 [DVD]ケン・フォレット原作 リドリー・スコット製作総指揮 ダークエイジ・ロマン 「大聖堂」 [DVD]
(2012/01/18)
イアン・マクシェーン、サム・クラフリン 他

商品詳細を見る
こちらは前作のDVD



今回は前作から200年後の世界を描いている。
100年戦争を引き起こすエドワード3世の治世の物語となっている。


ダークヒストリー 図説 イギリス王室史ダークヒストリー 図説 イギリス王室史
(2010/06)
ブレンダ・ラルフ ルイス、樺山 紘一 他

商品詳細を見る
(ちなみに英国史は複雑で日本人には理解しにくい。英国に8年住んでいたので勉強しようと思っていろいろと本を読んだが、なかなか理解できなかった。そんな中で、この本はとてもわかりやすくてよかった!「ダーク・ヒストリー」というタイトルから俗っぽい感じがするが、図表や絵画が非常に多く、本当に理解しやすい。隠れた傑作だ!受験生にもいいかも)

原作のフォレットは黒死病をテーマとして劇的な物語が描けないか、と考えて作った物語とのこと。つまり人口の1/3から1/2が減少するほどの大幅なパンデミックの中でげきてきな人間関係が描けると考えた際に「大聖堂」の世界が再び使えると考えたようだ。

パンデミックの中の人間ドラマと言う点においては「復活の日」にも相当する作品と言えるだろう。


復活の日 DTSプレミアムBOX [DVD]復活の日 DTSプレミアムBOX [DVD]
(2002/03/22)
草刈正雄、オリビア・ハッセー 他

商品詳細を見る
(こちら映画版。究極の「復活の日」DVDだ。特典映像にはアメリカで製作準備をしていたときの絵コンテの一部まで収録されている。映画ファンなら必見だ)

しかし、この作品のすごいところはエドワード2世の扱いだ。
歴史上、エドワード2世はホモセクシャルであることが知られていた。
その治世はそのホモセクシャルぶりから混乱したことが知られている。


土いじりが趣味であり、同性愛の愛人との奇功が政権を滅ぼしたともいえる。
ガスコーニュ騎士ピアーズ・ガヴェストンを愛人として入れあげてしまった。



エドワード2世は妻のイザベラ(フランス人:政略結婚だった)を差し置いてピアーズ・ガヴェストンに入れあげた。二人のラブラブな姿は後世においても画家に描かれたほどだ。

エドワード2世のガヴェストンへの愛はエスカレートし、ついにはガヴェストンをコーンウォール伯に指名。コーンウォール伯の地位は伝統的に王家にのみ与えられるものだったので物議を呼ぶ人事だった。

ガヴェストンに権力が与えられる中、諸侯が反乱。ガヴェストンをウォーウィック城に監禁。その後に処刑。



しかしエドワード2世は懲りなかった。新たな同性愛恋人としてヒュー・ディスペンサー親子と付き合い始める(親子で名前が同じなのでややこしい)。

これに怒った妻のイザベラ。フランスから夫のエドワード2世打倒を目指して息子エドワード3世とともにイングランドを侵略。

今回の「大聖堂 終わりなき世界」はここから物語が始まる。

しかし、すごいのはエドワード2世がホモセクシャルだった、という事実そのものは揺るがないものの、もう好き勝手に歴史を改変して物語が展開していく。

でもこれでいいのだ。

面白いし。

日本では「史実に忠実」ということにうるさすぎるのかも・・・。三谷幸喜氏が「新選組!」を大河ドラマで発表したときも「史実を違う!」という意見を言う人がいたが・・・まあ、目くじら立てなくても・・・と思ってしまう。


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾、佐藤浩市 他

商品詳細を見る
(個人的にはとても好きな作品だ)

なぜそう思うか、というと。フォレットは歴史に忠実であることにこだわって第一次世界大戦を舞台にした「巨人たちの落日」を発表した。
もちろんフィクションの作品だが、かなり歴史に忠実に描いたことをフォレットは告白している。


巨人たちの落日(上) (ソフトバンク文庫)巨人たちの落日(上) (ソフトバンク文庫)
(2011/03/22)
ケン・フォレット、Ken Follet 他

商品詳細を見る


その結果・・・たしかに面白いのだがフォレットのほかの作品に比べると明らかにドラマチックさには欠けている感が否めないのだ。

傑作「針の眼」のような面白さは「巨人たちの落日」にはないのだ。

うーん・・・難しいものだ。


針の眼 (創元推理文庫)針の眼 (創元推理文庫)
(2009/02)
ケン フォレット

商品詳細を見る



針の眼 [DVD]針の眼 [DVD]
(2014/04/17)
ドナルド・サザーランド、ケイト・ネリガン 他

商品詳細を見る
(こちら映画版。ちなみに監督は「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(帰還)のリチャード・マーカント。スター・ウォーズのファンも必見だ)

しかし、歴史を自由にドラマチックに使いこなした本作は面白い!

ちなみに前作の「大聖堂」を見ていなくても楽しめるが、観ておくと面白いのは言うまでもない。
特に「大聖堂」ではラストシーンで現代のキングスブリッジの大聖堂(もちろん架空の場所だが)が出てくるので、なんというか、この現代の姿に至るまでの歴史ドラマというか、ロマンというか際立つのだ・・・。



スポンサーサイト
  • Date : 2014-05-17 (Sat)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。