プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

35

追悼/アービン・カーシュナー

「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の監督をしたことで知られるアービン・カーシュナー監督が亡くなられた。
87歳だった。


The Empire Strikes BackThe Empire Strikes Back
(1980/05)
Donald F. Glut、George Lucas 他

商品詳細を見る
007の「サンダーボール作戦」のリメイクとも呼べる「ネバーセイ・ネバーアゲイン」を監督したことでも知られている(このときはショーン・コネリーがボンド役に復帰したことでも話題を呼んだ)。
「ネバーセイ・ネバーアゲイン」は異色のボンド映画としても面白いのだが(その製作の裏側にはイアン・フレミングによる盗作騒動があった)、今見てみるとその後、イギリスを代表するコメディ俳優のひとりとなるMr.ビーンことローワン・アトキンソンが脇役で出演していることも注目に値する作品だった。

ネバーセイ・ネバーアゲイン [DVD]ネバーセイ・ネバーアゲイン [DVD]
(2009/02/06)
ショーン・コネリー、キム・ベイシンガー 他

商品詳細を見る


近年、リンズナーが書いた「スター・ウォーズ」製作の舞台裏を多数の写真とともに記載された「メイキング・オブ・スター・ウォーズ」が日本でも刊行されて話題を呼んだ。

メイキング・オブ・スター・ウォーズ -映画誕生の知られざる舞台裏- (ShoPro Books LUCAS BOOKS)メイキング・オブ・スター・ウォーズ -映画誕生の知られざる舞台裏- (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
(2008/06/21)
ジョナサン・W・リンズナー

商品詳細を見る


しかし、「スター・ウォーズ」シリーズの最高傑作はなんといってもカーシュナーの監督した「帝国の逆襲」だった。
リンズラーのメイキングシリーズは実は「帝国の逆襲」もすでに刊行されている。

The Making of Star Wars: The Empire Strikes BackThe Making of Star Wars: The Empire Strikes Back
(2010/10/12)
J.W. Rinzler

商品詳細を見る



写真も豊富ですばらしい本だ。カーシュナーの生き生きとした監督風景も見ることができる。
日本語訳はまだ出ていないらしい。しかし、アマゾンのレビューによれば、一冊目の「メイキング・オブ・スター・ウォーズ」の日本語訳はファンの間では評判がよくないようだ。写真が豊富な一冊なので、英語の原文で読んでも問題はないだろう。

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作のエピソード1~3は賛否両論の作品群だった。熱心なスター・ウォーズのファンには怒られるかもしれないが、個人的にはいずれも「帝国の逆襲」を超えた作品はなかったように思える。

「スター・ウォーズ」の続編を心待ちにして、ついに映画館で「帝国の逆襲」を観た日の興奮と感動は未だに忘れることができない。

すばらしい作品の数々を提供してくれたカーシュナー監督に心から感謝しつつ、冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト
  • Date : 2010-11-30 (Tue)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。