プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
3

人類の進化について

アメリカでは進化論を学校で教えることに抵抗を示す人が多いそうだ。

原理主義と言うのだろうか。聖書に記載されている言葉の一字一句を文字どおりに信じているので、「進化論」は間違いであり、人間は神が自らの姿にならって創造したとする「創造論」を学校で教えるべきだ、と主張しているそうだ。創造論においては人間は類人猿から進化したのではなく、神の姿を模して最初から今の姿だったと考える。
創造論を主張するアメリカの敬虔なキリスト教徒たちが進化論を否定する根拠としているのが、類人猿と人類では染色体の本数が異なるという点だ。
たしかに人間の染色体の本数は23対=46本であるのに対し、類人猿は24対=48本と本数が両者の間では異なる。
ちなみに類人猿と人間が性行為を行った場合、子供を作る事ができるか、ということが話題になることがあるが「染色体の本数が違うので子供はできない」というのが答えだ。

創造論を信じる人々は動物から染色体が突然一本少なくなったら動物は生きていけなくなる。だから、人間が類人猿から「進化」したということはあり得ない、として「進化論は間違っている」と主張している。つまり、神は類人猿をもともと48本の染色体の動物として創造し、人間を46本の染色体を持つ動物として創造した、というわけだ。

これは明らかに間違った主張だ。
類人猿と人間の染色体の本数はの違いは、実は進化論が真実であることを裏付ける最も強力な証拠のひとつなのだ。

類人猿より人間のほうが染色体が少ない理由、これは簡単だ。「染色体が失われた」のではない。「類人猿の二つの染色体が一つに融合した」だけなのだ。人間の染色体と類人猿の染色体を比べてみると、人間の第2染色体が類人猿の第2染色体よりずっと長い。ここに失われた染色体が存在するのだ。

では、なぜこの染色体の融合が人類の進化の証拠と言えるのだろうか。
そのためには類人猿と人類の分岐点となった500万年前に遡って考えなければならない。

まだ、人類が類人猿から分岐する前、人類と類人猿の共通の祖先はアフリカに住んでいた。当時、アフリカの大地は深い緑に覆われた自然の豊かな森林であったと考えられている。そこでわれわれの祖先は豊かな自然に囲まれて、さらに外敵から身を守るために樹上生活をしていた。
しかし、その自然豊かな森の大地も約500万年前に起こった火山活動によって2つに分断されてしまった。大地の真ん中に山脈が形成されたのだ。このとき、新たに形成された山脈の西側の大地は肥沃な森林が保たれた。しかし、東側の大地では乾燥化がすすみ、森林に覆われた大地は失われてしまった。これにより木がほとんど無くなってしまったので、東側に取り残された類人猿たちは生き残りのために樹上生活を止めることを余儀なくされ、大地を二足歩行で歩くこととなった。「二足歩行」は頚部の発達を促し、それはやがて脳の発達に繋がった(重くなった脳を発達した頚が支えたわけだ)。こうして、山脈の東側に取り残された類人猿たちは人類への進化の道を歩き始めたのだ。一方、山脈の西側にいた類人猿たちは豊かな森林での樹上生活を止める要因はなにひとつ存在しないので、東側の類人猿たちとは異なった進化の経路をたどっていったのだった。

この話と染色体の本数は一見無関係なように思える。しかし、これが人類と類人猿の分岐を促す上で大きな役割を果たしたのだ。

山脈の東側が乾燥したということは、環境が過酷になったことを示している。つまり、このとき多くの類人猿たちが死んでしまい個体数はかなり少なくなったに違いない。このことはつまり、東側の類人猿たちの間では近親交配の確率が高くなったことを示している。近親同士の交配が進んだ場合のリスクとして遺伝子の突然変異の発生が挙げられる。現代において近親結婚が禁止されているのはこのためだ。多くの突然変異は病気を起こすので、リスクが高い。しかし、その一方で環境の変化に適応できる遺伝子変異が偶然に生まれる可能性も高くなる。例えば、二足歩行をしやすい遺伝子変異が起こったのかもしれない。もし、環境にとって有利な変異が生じた場合には、その遺伝子変異をもった個体は生き残るので、有利な遺伝子が子孫に伝わる可能性が高まり、さらに種としての生存の可能性が高まることになる。
そして、このときに生じた突然変異のひとつに染色体の融合が挙げられる。これは一見、種としての生存に無関係なように見える。
しかし、これは非常にに有利な変異だったのだ。つまり、これにより、山脈の西側に住んでいた類人猿たちと染色体の本数が異なることになって、交配ができなくなったのだ。
せっかく乾燥した大地で生存のために有利な突然変異を蓄積し、二足歩行をし、脳が発達したとしても、これらの有利な遺伝子をもたない個体(つまり、山脈の西側の類人猿たち)と交配したらせっかくの有利なな変異が失われてしまう。
われわれの祖先は山脈の東側で、人類の進化に不可欠な遺伝子変異を蓄積し、さらには有利な遺伝子変異を持つ個体同士でしか交配できない状態(つまり、染色体数を減らした)になり、加速度的に人類への進化の道を進んで行ったのだ。

環境が過酷になる、ということは多くの犠牲があったということだ。
人類の遺伝子をみると、もうひとつ他の類人猿とは大きく異なる特徴がある。それは遺伝子の固体差が極めて少なく均一である、ということだ。これを説明するためにはBottle neck効果という説が提唱されている。Bottle neck効果とは「瓶の細い首の部分を通して瓶の中身を取り出した場合、取り出された中身は本来の瓶の中身から特殊なものが取り出される可能性が高くなる」ことを示している。つまり、人類の遺伝子を見る限り、本当は多様性をもっていた遺伝子が細い瓶の首を通り抜ける際にごく一部の遺伝子だけが残されたことを示している。「細い瓶の首を通り抜けた」ということは、ここでは「人類の祖先の個体数が一度、非常に少なくなった」ことを示している。解析によると、人類の祖先はその個体数が一時、数百(大きく見積もっても数千)程度にまで落ちたと考えられるそうだ。つまり、絶滅寸前までいったということだ(この絶滅寸前にいたった原因については諸説あるようだ)。

しかし、人類は生き残った。

アフリカの大地で起きた火山活動によって過酷な環境に晒された人類の祖先。一度は死に絶えるかと思われた人類。

しかし、それから約150万年後、人類は確実に進化の道をを辿っていた。

アフリカのタンザニアにはその証拠が今も残っている。そこには少なくとも二人の人類の先祖、アウストラロピテクス・アフレンシスが、ぬかるんだ大地の上を歩いた際の足跡が化石となって残されてる。それは、この二人が、直立し大地をたくましく二足歩行で歩いたことを示している。




MARIBU出版の科学読み物

http://www.maribu2010.com/



復活の日で読み解くバイオロジーシリーズ

「学生時代、生物が苦手だった……」というあなたに、小松左京原作の名作『復活の日』を片手に楽しく知的に生物<バイオロジー>を学ぶシリーズ (4巻・以後続刊)
キャンペーン中、今なら第一巻を無料ダウンロード。


fukkatsu




ラトビア大学で物理、数学、哲学を学び、モスクワ大学にて生物学研究に従事したユリス・ガルバノフスキー博士シリーズ第一巻!
あなたの知性を満足する知的読書体験

イメージング

imaging


ユリス博士、大いに語る

Juris



MARIBU出版 オススメ本の案内

「さよならジュピターをつくったわけ」 
現在DLマーケット、ダウンロードランキング2位を記録!絶賛DL販売中。
現在、キャンペーン中。第一巻を無料ダウンロード。




スポンサーサイト
  • Date : 2010-10-18 (Mon)
  • Category : 科学
1

Comment

  1. あぽろ

    あぽろ

    2012-08-29 (Wed) 01:58

    ボトルネック効果の意味がよく分からないです。
    入れ物の口が大きかろうが、小さかろうが、特殊なものが出てくる可能性は、入れ物の中身だけに依存するはずですよね?たくさん取り出そうが、少量取り出そうが、取り出したうちの、特殊なものの割合は一定のはず。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop