プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

291

ついにスヌーピーが帰ってくる!劇場版製作開始へ!


チャールズ・M・シュルツの生んだ世界の愛すべきキャラクター、スヌーピーがCGアニメになって帰ってくる!

そんな情報が昨日、発表された。


スヌーピーの50年  世界中が愛したコミック『ピーナッツ』 (朝日文庫)スヌーピーの50年 世界中が愛したコミック『ピーナッツ』 (朝日文庫)
(2004/02/14)
チャールズ・M・シュルツ、三川 基好 他

商品詳細を見る
(スヌーピーの歴史を知るにはこちらの本が手ごろだ!)

日本ではキャラクター商品としての価値が高いスヌーピー。

原作はドイツ系移民家系のアメリカ人、チャールズ・M・シュルツによって描かれた漫画シリーズ「ピーナッツ」だ。


The Complete The Complete "Peanuts" 1950 -1952: v. 1
(2007/10/18)
Charles M. Schulz

商品詳細を見る
(「ピーナッツ」シリーズはこちらに始まるシリーズで全て楽しめる。主人公のチャーリー・ブラウンの顔がいかに変遷していったかを見るのも楽しみの一つだ)


今まで何回か映画化されているが、最高傑作は「スヌーピーとチャーリー」。


スヌーピーとチャーリー [DVD]スヌーピーとチャーリー [DVD]
(2007/10/26)
ピーター・ロビンス、パメリン・フェルディン 他

商品詳細を見る


英単語コンテストに出場することになったドジな男の子、チャーリー・ブラウンの悲哀に満ちた印象深い作品だ。
シュルツ自身、何度も言っているがチャーリー・ブラウンはシュルツ自身が反映された姿だ。

チャーリー・ブラウンが「自分自身を変えよう」という意気込み、失敗していく姿を通して「人生は無理をしなくてもいいんだ」と語りかけているようにも見える(もちろん鑑賞者によってさまざまな見方があるだおうが・・・)。

映画「スヌーピーとチャーリー」では音楽も秀逸でさまざまな楽しい曲がミュージカル仕立てで登場するのも楽しみの一つだ。迫力と冒険ばかりのアニメ映画がもてはやされる現代で、ほんわかとそしてちょっと悲しい、そんな幸せを親子で楽しめる最高のアニメ映画の一本だ。


スヌーピーの大冒険 [DVD]スヌーピーの大冒険 [DVD]
(2007/10/26)
チャド・ウエバー、ロビン・コーン 他

商品詳細を見る


そしてもう一本の傑作の劇場版がこちら「スヌーピーの大冒険」。

ひょんなことから家出(?)をすることになったスヌーピー。そしていなくなってしまったスヌーピーを心配するスヌーピーの飼い主のチャーリー・ブラウンと仲間たち・・・。スヌーピーとチャーリー・ブラウンの愛情の深さが伝わってくる心温まる一遍。

ただし忘れてはいけないのが「ピーナッツ」シリーズには結構ブラック・ユーモアが満ち溢れている点だ。原作の中にはかなりブラックな作品もある。

これがまた独特のテイストを醸し出していて「ピーナッツ」の魅力にもつながっている。

さて、製作中の劇場版だ。


「ピーナッツ」誕生65周年にんる2015年11月25日に公開が予定されている。

シュルツの息子、クレイグ・シュルツが中心となって製作されていてCGアニメは「アイス・エイジ」を担当したブルー・スカイ・スタジオが担当することになっている。

最近ではすっかりUSJのキャラと定着してしまった感があるスヌーピーだが・・・。なんと今度はスヌーピーの恋人として「ベル」というキャラクターがUSJに登場するとか・・・。
しかしベルは本来、原作ではスヌーピーの妹だったキャラクターだ。

何というか・・・キャラクター商品としての価値が日本では高いのだから仕方ないのだろうが・・・。
今回の映画化を機に本当の「スヌーピー」・・・いや「ピーナッツ」の魅力が多くの人に知ってもらえることを祈るばかりだ。

「ウィンター・ローズ/エリザベス・ローソン画集」

ついに発売開始!

winter 1


エリザベス・ローソンは十九世紀末、天使のごとく、あどけなく陽気な子供たちを生き生きと描くことで定評のあった画家です。

その絵画の多くは発表された際に大きな反響をヨーロッパやアメリカで引き起こしました。
その絵柄は現在でも欧米でクリスマスカードの絵柄として人気があります。

日本では今まであまり紹介されたことがありませんでしたが、日本に知られていない芸術や名作を紹介することを目標にしているMARIBUの画集シリーズ第二弾として発売をしました。

定価はわずか300円とリーズナブルなお値段で、みなさんのもとにお届けします。

まずはいくつかのエリザベス・ローソンの作品を御覧ください。

i023

i034

お求めは電子書籍販売のMARIBUサイト・・・こちらから(左側の「美術書カテゴリ」よりどうぞ。

またはMARIBUが電子書籍販売を委託しております日本最大のデジタルコンテンツ販売のDLマーケット(こちら)からどうぞ。

「ウィンター・ローズ/エリザベス・ローソン画集」
収録作品数:14
pdf形式

定価300円。

是非、おためしください。



MARIBU美術書第一弾の「トーマス・クレイン/ヨーロッパ画集」も是非、お見逃しなく、あわせてお楽しみください。

「トーマス・クレイン ヨーロッパ画集」
Tho.jpg


収録作品数:55
ページ数:全42ページ (pdf)
定価、わずか500円でご提供。

英国の伝説の画家、トーマス・クレインの画集が日本発上陸。MARIBUだけのオリジナル商品です。

美術好きの方、美術、イラストレーション、漫画、アニメーションなどの作家を目指している方に自信をもってお勧めします。
この機会に是非、一度お試しください。

DLマーケットより直接お求めを希望される場合はこちらから。

MARIBUウェブサイトへはこちらから。
左側、「美術書」カテゴリから御覧ください。

MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売のDLマーケットを通じて電子書籍の販売を行っています。
安心してお買い物をお楽しみください。

また、美術書以外にも多数の電子書籍を取り揃えております。無料キャンペーン中の書籍も用意してありますので、一度お試しください。

電子書籍のMARIBUのサイトはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-10-10 (Wed)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。