プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
290

新情報!「プロメテウス」と「ブレードランナー」は同じ世界の出来事なのか!?

今年の夏、いちばんの話題作だったリドリー・スコット監督の「プロメテウス」。
謎の多い展開で多くの論議を呼んだ。

「プロメテウス」には続編が予定されていることを当ブログでは度々報告してきた。

しかし、スコット監督は現在新作に取り組んでおり、さらにその後には話題作「ブレードランナー」の続編も監督する予定だ。
いつになったら「プロメテウス」の続編が・・・。と思っていたのだが、どうやら「ブレードランナー」の舞台と「プロメテウス」の世界にはつながりがあるようだ。

欧米では明後日(10月9日)に「プロメテウス」のDVDが発売となる。その中の隠れ特典映像の一部を細かく分析した結果、どうやら「プロメテウス」と「ブレードランナー」の世界はつながっているらしいことがわかってきた。

もしかしたら「ブレードランナー」の続編はある意味「プロメテウス」の続編(前日譚?)になるのかもしれない。

詳細は下の「Read more」にて!


プロメテウス 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]プロメテウス 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/01/09)
ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー 他

商品詳細を見る



エイリアン [Blu-ray]エイリアン [Blu-ray]
(2012/07/18)
トム・スケリット、シガーニー・ウィーバー 他

商品詳細を見る
(「プロメテウス」を知るためにはスコット監督による前作「エイリアン」を見ていなければ話にならない。見ていない人はDVDでチェックしてにわかファンに差をつけよう!)


プロメテウス アート・オブ・フィルムプロメテウス アート・オブ・フィルム
(2012/07/30)
マーク・サリスバリー

商品詳細を見る
(この本で、もう一度「プロメテウス」を復習しておこう!)




【5000セット限定生産】ブレードランナー 製作30周年記念 コレクターズBOX [Blu-ray]【5000セット限定生産】ブレードランナー 製作30周年記念 コレクターズBOX [Blu-ray]
(2012/11/07)
ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー 他

商品詳細を見る
(もちろん「ブレードランナー」は要チェックだ!)


「ブレードランナー」論序説 (リュミエール叢書 34)「ブレードランナー」論序説 (リュミエール叢書 34)
(2004/09/28)
加藤 幹郎

商品詳細を見る
(「ブレードランナー」の世界観の深さを勉強するにはこちらの本が最適!)


メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カットメイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット
(2007/12)
ポール・M.サモン

商品詳細を見る
(舞台裏はこちらが最高)


別冊映画秘宝大宇宙映画超読本「エイリアン」「プロメテウス」驚異の世界 (洋泉社MOOK)別冊映画秘宝大宇宙映画超読本「エイリアン」「プロメテウス」驚異の世界 (洋泉社MOOK)
(2012/08/27)
不明

商品詳細を見る
(こちらの本は「プロメテウス」をきっかけとしてSF映画全体の勉強をしたい人に最適!)
今回の記事は「プロメテウス」と「ブレードランナー」をすでに見ていることを前提に書くのでご了承を・・・。


さて、「プロメテウス」の特典映像で確認されたのは下の文章だ。

prometheus-easter-egg.jpg

どうやらピーター・ウェイランドによって書かれたもののようだ。
「ウェイランド・アーカイブ」の中のWeyland RoboDiv(ウェイランド・ロボット部門?)の中に保管された文書ということらしい。ウェイランドの言葉を口述筆記したものだろうか。

以下に翻訳を記す(MARIBUの翻訳チームの翻訳文です。正確に翻訳するのではなく、自然な日本語表現による英文翻訳を目指す当社オリジナルのダイナミック翻訳を採用しています)。




「ずいぶん昔に亡くなった私の師であり競合者でもあった人物に『子供っぽいことはやめて「おもちゃ」を捨てろ』と言われたことがあった。彼は私に『自分のところで働かないか、そうすれば世界を乗っ取って新たな神になることが出来る』と言ったもんだ。それが彼の会社の経営の仕方だった。ピラミッドの上から神のごとく、天使たちの街(City of angels)を見下ろしながら経営していたのだ。もちろん、彼は創造の力をあまりオリジナルなやり方で再現したわけではなかった。単純に神のやり方を真似したんだ。見てみろ、あの男の哀れな末路を。文字通り、顔を吹っ飛ばされたわけだ。私はいつも彼に醜い遺伝子操作よりロボテックによる機械工学のほうがいい、と伝えてきたんだ。ただ、謙虚に言えば、まあ偽造した記憶を埋め込む、というアイデアは大したもんだった。
まあ、幸運にも私は彼とは違ってウェイランド・ロボット部門を設立するにあたって独創的なやり方を採用したわけだ。われわれの最初の開発品はその外見に問題はいくつかあったが優れた性能を示した。しかし今、いくつかの・・・」




いかがだろうか?


この文章にはいくつかポイントになる部分がある。

ウェイランドの師が「ブレードランナー」のタイレル社の社長、エルドン・タイレルと考えられる根拠は以下の部分に表れている。

「それが彼の会社の経営の仕方だった。ピラミッドの上から神のごとく、天使たちの街(City of angels)を見下ろしながら経営していたのだ」

「ブレードランナー」のタイレル社の外観はピラミッドそのものでありロスアンゼルス(Los Angeles)に建っていた。つまり「天使たちの街(City of angels)」を見下ろしていたわけだ。

そして次の文章も興味深い。

「見てみろ、あの男の哀れな末路を。文字通り、顔を吹っ飛ばされたわけだ」

「ブレードランナー」のタイレル社長は自らが作り上げたアンドロイド(レプリカント)のロイ(ルトガー・ハウアー)によって顔を握りつぶされて(吹っ飛ばされて)殺されてしまっていた。この文章はそのことを表しているのではないだろうか?

そして「ブレードランナー」のレプリカントにとって何より大事な要素は「記憶の埋め込み」・・・。


「プロメテウス」の舞台は2089年。「ブレードランナー」の舞台は2019年。
ピーター・ウェイランドは非常に年を取った設定で「プロメテウス」に登場していた。なんとか無理がなくつながる。

しかし、そうなると「ブレードランナー」の見方が変わってくる。

「彼は創造の力をあまりオリジナルなやり方で再現したわけではなかった。単純に神のやり方を真似したんだ」

これが意味するところは・・・・。

「プロメテウス」の世界観の神・・・・とするとタイレル社のレプリカントは「神の模倣」・・・・。

うーん・・・奥が深いぞ!!

ただ、めったやたらと異なる作品の世界観がつながりすぎると興ざめすることもあるし・・・松本零次の漫画みたいに「銀河鉄道999」から「千年女王」「クイーン・エメラルダス」まで全部つながると初めはいいけど・・・行き過ぎるとオイオイと突っ込みたくもなるし・・・・。

しかし、ここは期待してみたい!!

Jup13
小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!
現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!
ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。
DL希望の方はこちらから!



電子書籍MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケットに委託して電子書籍を販売しております。
ご安心してお買い物ください。

ほかにも多数のハイクオリティな電子書籍を低価格でご用意しております。
是非、当社HPをお試しください。

MARIBUのHPはこちらから。



スポンサーサイト
  • Date : 2012-10-07 (Sun)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop