プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

24

訃報:ディノ・デ・ラウレンティス

昨日、映画プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティス氏がロスアンゼルスの自宅で亡くなった。
享年91歳だった。

dino
ラウレンティスはイタリア生まれ。
1940年代から映画プロデューサーとして活躍し「にがい米」などを製作。その後、60年代にはイタリア名物のマカロニウェスタン映画などの多くを製作した。個人的にはこの時期に製作された作品の中では007の模倣ともいえる「殺しのビジネス」が秀逸だった(物語の内容はその後、本家007で製作された「ムーンレイカー」に似ていた)。
「バーバレラ」に代表されるように漫画を原作とする映画作品という分野を切り開いた点においても特筆に価する。

70年代になり、活躍の場をアメリカに移し、アル・パチーノ主演「セルピコ」やチャールス・ブロンソンの「狼とさらば」などの作品を手がけた。
SF作品では「キング・コング」、「フラッシュ・ゴードン」、「コナン・ザ・グレート」、「デューン」などの大作を手がけた。特に興行的には失敗に終わった「デューン」の監督をしたデイヴィッド・リンチに「ブルーベルベット」で再びチャンスを提供しその後のリンチ作品の方向性を示した功績は多大だったといわれている。

近年になっても製作にかける情熱は衰えることなく「ハンニバル」などの作品を手がけていた。


多くの作品でわれわれを楽しませてくれたラウレンティス氏に感謝しつつ、心から冥福をお祈りします。



スポンサーサイト
  • Date : 2010-11-12 (Fri)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。