プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
233

「ダース・ヴェイダーとルーク(4歳)」

ジェフリー・ブラウンという漫画家が描いた「ダース・ヴェイダーとルーク」という絵本がある。

ヴェイダーと4歳のルークがふつうの親子のようにふるまうという設定で絶妙なおかしさがある。


ダース・ヴェイダーとルーク(4才)ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
(2012/05/28)
ジェフリー・ブラウン

商品詳細を見る


続編も絶賛発売中のようだぞ!


ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイアダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア
(2013/04/27)
ジェフリー・ブラウン

商品詳細を見る
アマゾンなどの書評を読むと、この本に深刻な影を読み取ってしまうファンが多いようだ。

この親子の行く末を思って涙したファンもいるようだ・・・。

確かに作者のブラウンにも子供がいるようだし、そういった意味で「親としての子供に対する愛情の視線」が入っているのは明らかだ。
まあ、人それぞれの読み方があっていいのは当然だ。しかし、ここでは過度に「感動の作品」と捉えないで軽~いノリで考えてみたい。

というのは、この作品は明らかに「スター・ウォーズ」の設定で遊んでみた、という感じもあるからだ。

熱狂的なファンの中にはルーカスを神のように崇拝して、「スター・ウォーズ」を聖典のように扱っている人もいるが、ここではひとつ、笑い飛ばしてしまおう!

漫画家の西原理恵子氏は「スター・ウォーズ」を「宇宙規模の親子喧嘩」と評した。
絶妙の表現だ。

物事は「見方(certain point of view)によって変わるの」だ!

この本を読むなら英語版がいい。
むしろ、この本に感動するくらいのファンだったら英語版で読んだ方がいい。


Darth Vader and Son (Star Wars (Chronicle))Darth Vader and Son (Star Wars (Chronicle))
(2012/04/18)
Jeffrey Brown

商品詳細を見る
こちら英語版。


装丁は日本語版のほうがいいみたいだが・・・。

英語そのものは簡単だ。絶対に読める。中学生でも2年生以上なら大丈夫。

作者は1975年生まれということもあってオリジナルの「スター・ウォーズ」(エピソード4,5,6)世代。
したがってエピソード1,2,3には否定的なところが垣間見える。

そのぶんオリジナルに対する愛情は深い。

ヴェイダーがルークにシリアルを作る絵では、シリアルの箱に注目したい。
70年代の後半に売り出されて人気があった「スター・ウォーズ」のシリアルの箱になっている。

そのほか

思いつくままに絵本に登場する台詞のポイントを書くので、英語版を購入した人は参考に・・・。

We could go to Toshe station after nap.
と駄々をこねるルークに
I am altering the deal. Pray I don`t alter it any further.
とヴェイダーが応える。

最初のセリフはEp4でルークが叔父に向かって言うセリフがもとになっている。
それに対するヴェイダーの応えは「帝国の逆襲」でヴェイダーがランド・カルリシアン男爵に放ったセリフ。


Aren`t you a little short for stormtrooper?
絵本の中のハロウィンの場面で、ルークがストームトルーパーのコシチュームでいるのに対して放たれたこの言葉。言ったのはモン・モスマとマディン将軍だ(「ジェダイの復讐」に登場した)。

これはEp4でルークがストームトルーパーの格好でレイア姫を助けに来た時に、レイア姫が言った有名なセリフ。



次にいつまでたっても着替えないルークにヴェイダーが言うセリフ
I`m here to put you back on schedule. Perhaps I can find new ways to motivate you.

これは爆笑。このセリフは「ジェダイの復讐」の冒頭でデス・スターの建設状況の遅れに業を煮やしたヴェイダーが現場責任者のモフ・ジャージャーロッドに言い放ったセリフだ。




傑作で大爆笑なのはコレ。
おもちゃ売り場でおもちゃ(ジャージャー・ビングスの人形!)を指さすルークにヴェイダーが言うセリフだ。

This isn`t the toy you are looking for...

これはEp4でオビ・ワンがストームトルーパーに放ったセリフがもとになっている。
それにしてもビングスの人形を欲しがるルークに言う、というところがマニアには堪らない。


ほかにも・・・とりあえず箇条書きで・・・。

Together we can rule the galaxy as father and son.
これは『帝国の逆襲』でヴェイダーがルークに「私がお前の父だ」の有名なセリフを放った後に言ったセリフ。


But dad, I am ready. Ben, tell him I am ready.
絵本の中では「ジェダイの復讐」に登場するスピーダーバイクに乗りたがるルークが駄々をこねて言うセリフだが・・・。
本当は「帝国の逆襲」でルークにジェダイの修行をすることに消極的なヨーダに対して、オビ・ワンに助けを求めたルークが言ったセリフ。



You cannot hide forever Luke. Your thoughts betray you.
絵本の中で楽しくかくれんぼをするルークとヴェイダーの微笑ましい情景でヴェイダーが言うセリフ。
これは「ジェダイの復讐」で「戦いたくない」と言って隠れたルークにヴェイダーが言ったセリフだ。そっか・・・あのシーンは親子でかくれんぼしていたのか!!見方(certain point of view)を変えると「スター・ウォーズ」の新しい魅力が見えるなあ。


絵本の中ではヴェイダーが「I have you now」 と言ってフォースでルークをくすぐっている。
このセリフはEp4でルークのX-ウィングを仕留めようとするときにヴェイダーが言ったセリフ。


レゴで遊ぶルークに
I see you have constructed a new spaceship. Your skills are complete.
これは「ジェダイの復讐」でルークの作ったライトサーベルを見たヴェイダーが言ったセリフが元。

ほかにもいくつか気づいたが、まあ、このあたりで。

ファンだったらオリジナルの英語版をオススメだ!!


Jup13
小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!
現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!
ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。
DL希望の方はこちらから!



電子書籍MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケットに委託して電子書籍を販売しております。
ご安心してお買い物ください。

ほかにも多数のハイクオリティな電子書籍を低価格でご用意しております。
是非、当社HPをお試しください。

MARIBUのHPはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-07-25 (Wed)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop