プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
228

患者さんを集めるために

今も昔もいい医者もいれば悪い医者もいる。

困ったことに一般の患者からは医者の質については「専門性」の壁があってよくわからない。

でも、少なくとも医者の人柄ならすぐにわかる。
思うに「悪い医者」というのは大抵、人柄に出る。

ましてや開業して院長となって経営者になった場合、その病院の雰囲気やスタッフの丁寧さ、などに院長(=医者)の資質が現れてくる。
医師の開業が相次ぐ中、殿様気分で患者を診ている医師たちの病院はやっていけないだろう。

そんな医師たちの「病院経営」について記した本を紹介する。

医師向けに書かれた本のようだが、非医療関係者が読んでも十分に面白い。
というのも小説形式で書かれた本だからだ。


“集患”プロフェッショナル―クリニック経営・成功の法則 腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか“集患”プロフェッショナル―クリニック経営・成功の法則 腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか
(2009/08/20)
柴田 雄一

商品詳細を見る


お医者さんたちも大変だ。
患者さんに満足のいく治療をするためにレストラン経営を参考にして、「いかに患者さんに満足してもらい、再診率w上げ得るか?」が論じられている。しかし、その一方で不必要な治療をしてはいけないので「医師としての良心」を成立させるか、が詳細なデータと共に記されている。

しかし、この本は、あくまでも経営が行き詰まった医師とその妻、そして経営コンサルタントが登場する小説なので、簡単に読むことができる。

必ずしも文学作品として成立していない部分はあるが、情報の詰まった一冊だ(というか著者も文学を書いたわけではないはずだから当たり前ではある)。

こんな医師向けの本をなぜ紹介するか、というと・・・。

まず、やはり前述のような殿様気分で開業をしている医師に読んでもらいたい、ということ。
あとは医療関係者(事務、看護、介護、製薬会社)にもとても役に立つ本であること。

そして、医療以外の経営や販売業をしている人にもとても面白いはずと感じたからだ。

洋服を売るのでも、車を売るのでも、「いかにリピーターを作り、そして顧客と信頼関係を作っていくか」は大事なことだ。最近は高級デパートなどに行っても、この対応が全くない場合が多いように感じられる。

デパートなどに客として行ったときに「この店・・・イヤな感じだな・・・」と漠然と感じることがある。
この本を読んでいると「なぜイヤな感じがするのか」が手に取るように理論的に理解することができる。

少なくとも、私はこの本を読んで以来、買い物をするときに新たな視点を持つことができるようになった。

「医者は経営能力がない」と見下している場合ではない。いい病院は必ず経営努力をしているはずだ。

殿様商売の病院はこれから淘汰されていくはずだ。
「医者」というだけで社会的ステータスが保障された時代はとっくに終わっているのだ。




わるいやつら [DVD]わるいやつら [DVD]
(2009/09/26)
松坂慶子、片岡孝夫 他

商品詳細を見る

この映画はそんな医師たちにとっての黄金時代の医院が舞台だ・・・。

MARIBU出版は科学の第一線で活躍する一流の科学者たちと数多く独占契約を結んでいます。
読者の皆さんの知的活動に少しでも役立てればこれにまさる幸せはありません。ぜひ、一度当社の科学読み物をお試しください。


MARIBUが独占翻訳しているバイオイメージング技術の専門家、ユリス博士の「イメージング」ならびに「ユリス博士、大いに語る」をぜひ、お試しください。

imaging
定価200円

お求めはこちらから。

「イメージング」のCMです。お試しください。


また、ユリス博士のエッセイ集「ユリス博士、大いに語る」も絶賛同時発売中です。
Juris

お試しください。

お求めはこちらから。



復活の日で読み解くバイオロジー/第2巻・ウィルスは誰が発見したのか」(定価200円)

2

小松左京マガジンに連載した人気シリーズの出版権を独占契約。ぜひ、あなたの知的生活にお役立てください。

お求めはこちらから。



「復活の日で読み解くバイオロジー/第一巻」は現在無料DL提供中!
resurrection
お求めはこちらから。


当社は日本最大級のダウンロードマーケット「DLマーケット」を通じて電子書籍の販売を行っています。
安心してお買い物ください。

また、ユリス博士シリーズ以外にも多数のハイレベルな読書好きの皆さんが満足いただけ電子書籍を低価格で提供させていただいています。

無料キャンペーン商品も多数そろえておりますのでお試しください。

MARIBU出版HPはこちらから。




スポンサーサイト
  • Date : 2012-07-20 (Fri)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop