プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
196

怖いぞ!「プロメテウス」最新予告編

ついに「エイリアン」シリーズ最新作「プロメテウス」の予告編が現れた!

今回はその詳細を・・・。



プロメテウス アート・オブ・フィルムプロメテウス アート・オブ・フィルム
(2012/07/30)
マーク・サリスバリー

商品詳細を見る

こちらは「プロメテウス」のメイキング本。

「プロメテウス」を楽しみたい人には「エイリアン」のメイキング本も見逃せないぞ!


エイリアン・コンプリートブックエイリアン・コンプリートブック
(2012/07/31)
イアン・ネイサン

商品詳細を見る



ブック・オブ・エイリアン (ShoPro books)ブック・オブ・エイリアン (ShoPro books)
(2012/07/27)
ポール・スキャンロン、マイケル・グロス 他

商品詳細を見る
さて、こちらがその予告編だ。



今回の予告編は怖いぞ!

少し考察してみると、以前にも報告したとおり、どうやら今回は人類の起源に迫る、というか超古代文明がネタになっているようだ。古代遺跡の絵画から古代に宇宙人が地球に来ていたことを確認し、その母星の位置を突き止め、そこは探検隊が向かう、という筋立てのようだ。

超古代文明は最近では珍しくもなんともないが・・・というかもともとデニケン辺りが60-70年代に随分と騒ぎ立てたのがもとになっている。


未来の記憶未来の記憶
(1997/02)
エーリッヒ・フォン・デニケン

商品詳細を見る

この辺りが有名かな・・・。

このブームは70年代には、かなり眉唾な印象を残した一端消えたように思う。ところがグラハム・ハンコックが「神々の指紋」を発表した辺りから再燃。


神々の指紋 (上) (小学館文庫)神々の指紋 (上) (小学館文庫)
(1999/04)
グラハム・ハンコック

商品詳細を見る


最終的には突っ込みどころ満載の本なのだが、出版当時は結構もてはやされた。

超古代文明ネタがSF映画などに扱われた、という意味においては小松左京製作総指揮の「さよならジュピター」もそうだった。
火星の極冠の下からナスカの地上絵が出現するプロットは秀逸な設定だった。


さよならジュピター デラックス版 [DVD]さよならジュピター デラックス版 [DVD]
(2003/03/21)
三浦友和、マーク・パンソナ 他

商品詳細を見る

<ジュピターのDVDを買うならこれが一番!特典映像が超充実で映画が気に入った人も抵抗を感じている人も、資料的価値から考えたら必携のアイテムだ>


さて、予告編に話しを戻そう。

どうやら「エイリアン」の一作目に出てきた異星人の宇宙船(馬の蹄鉄みたいな形の・・・)。
あれは「地球に向かおうとする設定」のようだ。

いやはや、どうなることか・・・・公開が楽しみだ!!



小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!


小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!
現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!
ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。
DL希望の方はこちらから!

電子書籍MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケットに委託して電子書籍を販売しております。
ご安心してお買い物ください。

ほかにも多数のハイクオリティな電子書籍を低価格でご用意しております。
是非、当社HPをお試しください。

MARIBUのHPはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-04-30 (Mon)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop