プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

194

ヘレン・スレーターの最高傑作はなんといっても「摩天楼はバラ色に」

1987年公開の「摩天楼はバラ色に」は当時、人気絶頂だったマイケル・J・フォックス主演のアイドル映画と言ってもいいだろう。

カンザス出の田舎少年がニューヨークで恋に仕事に成功をつかむまでを描いたコメディ作品だ。

マイケル・J・フォックスに注目が集まるこの映画だが、共演者のヘレン・スレーターのフィルモグラフィーに中では最高なのではないか、と思ってしまう。

今回は「摩天楼はバラ色に」に絡んで・・・。


摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に [DVD]摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に [DVD]
(2012/04/13)
マイケル・J・フォックス、ヘレン・スレイター 他

商品詳細を見る
ヘレン・スレーターと言うと、どうしても印象にあるのは「スーパーガール」だ。


スーパーガール [DVD]スーパーガール [DVD]
(2010/04/21)
ヘレン・スレイター、フェイ・ダナウェイ 他

商品詳細を見る


作品自体はスーパーマンの従姉妹、スーパーガールの活躍を描く軽快なエンターテイメント作品で楽しめるものだった。本家「スーパーマン」からも新聞記者ジミー・オルセンが登場したりしてファンも納得の出来だった。音楽も巨匠ジェリー・ゴールドスミスが担当しており、今でもテレビのバラエティ番組などで使用されるくらいに印象に残るものだった。
主演のヘレン・スレーターも生き生きとスーパーガールを演じていた。
特に彼女が湖の上でダンスを踊るかのように軽快に宙を舞うシーンは息を呑む美しさだった。

しかし、やはり漫画が原作なだけあってヘレン・スレーターの本当の持ち味が生かし切れた作品とは言いがたかったのかもしれない。

そんなスレーターの次のヒット作はベッド・ミドラー、ダニー・デビートらベテラン陣と共演した「殺したい女」。


Ruthless People [DVD] [Import]Ruthless People [DVD] [Import]
()
Bette Midler、Danny DeVito 他

商品詳細を見る
(そういえば・・・この作品、ビル・プルマンのデビュー作じゃないだろうか・・・?)

この作品でスレーターは当時「ビバリーヒルズコップ」などで人気上昇中だったジャッジ・ラインフォルドとともにお人よしの誘拐犯を好演した。


この作品ではスレーターはとにかくお人好しでキャピキャピした女性を演じていた。どっちかと言うとあまり頭が良くなさそうな・・・。そういうイメージが定着しつつあるのかな・・・と思った。

そんな中、スレーターが出演したのが「摩天楼はバラ色に」だ。


摩天楼はバラ色に~オリジナル・サウンドトラック摩天楼はバラ色に~オリジナル・サウンドトラック
(1998/12/19)
サントラ、タクシー 他

商品詳細を見る
(サウンドトラックもいいんだ!)

この作品を見た時に「これこそスレーターの醍醐味だ!」と勝手に感じた(すみません・・・エラそうで)。

この作品で彼女が演じたのは総合企業のエリート会社員。
美人でやり手、バリバリ仕事をこなしている。

登場してしばらくの間はクールな女性を見事に演じている。マイケル・J・フォックス演じる主人公の田舎少年にとっての「手の届かない高嶺の花」としてその美貌とクールさを見せつける。

「高嶺の花」のイメージとして、当時流行していたミュージックビデオのようにスレーターの姿が劇中で描かれるのだが、これがハッと息を呑むほど美しい。

ところが映画の中盤になって、スレーター演じるエリート女性社員が社長との不倫関係にあることなどが明らかになり始めて、とても人間的な弱さを持った人間の側面を見事に表現し始める。

そして、ついに主人公の田舎少年に徐々に惹かれ始めると、これが「とてもかわいい」、高校生のような魅力的で無邪気な女性の顔を見せ始める。恋が破局したときに見せる彼女の演技は「胸がキュン!」としてしまうようなかわいさと美しさがある。

これだけでもこの作品は一見の価値がある。

「摩天楼はバラ色に」を私が勧める理由は他にもある。
多くの映画評論家などがあまり取り上げないのだが、この作品、結構見所がある。

まずオープニング。

タイトルの後ろでは、カンザスからNYに出てきて戸惑うマイケル・J・フックスが描かれる。BGMはナイトレンジャーの軽快なテーマ曲「The Secret of My Success」。
このとき、ニューヨークの街路を歩くバリバリのファッションモデル並の美女たちが描かれる。

このとき、4人の美女が立て続けに出てくるのだが、その三人目はなんとあのシンディ・クロフォードだ。

さらに会社社長を演じているのはリチャード・ジョーダン。
ジョーダンはアメリカでも有数の名家の出身で、あのハーバード大学を卒業したエリートだ。

私はジョーダンの渋い演技のファンなのだが、役に恵まれていたとは言い難く、今回の「摩天楼はバラ色に」のような悪役や主人公たちを引き立てる役が多い。

例えば


デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]
(2010/08/04)
カイル・マクラクラン/ショーン・ヤング/スティング/ケネス・マクミラン

商品詳細を見る
(ジョーダンはこの作品で主人公のポールの忠臣ダンカンを演じたが物語前半であっけなく死んでしまう)


レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2011/03/25)
ショーン・コネリー、アレック・ボールドウィン 他

商品詳細を見る
(この作品ではソ連大使と交渉する政治家)


映画パンフレット 「タイムボンバー」監督 アビ・ネッシャー 出演 マイケル・ビーン映画パンフレット 「タイムボンバー」監督 アビ・ネッシャー 出演 マイケル・ビーン
()
アットワンダー

商品詳細を見る
(この作品では暇なときにテレクラをしている変な悪役)

ジョーダンが主人公を演じた作品は調べてみるとあまり多くない。
70年代に大きく主役俳優としてのしあがるチャンスがあったのだが、作品の出来があまりにも悪くて生かせなかったのだ。
それが「レイズ・ザ・タイタニック」。


Raise the Titanic [DVD] [Import]Raise the Titanic [DVD] [Import]
(2003/08/11)
Jason Robards、Richard Jordan 他

商品詳細を見る


この作品でジョーダンは見事に主人公、ダーク・ピットを演じているのだが・・・。
なんと一番目のクレジットはチョイ役を演じたベテラン、ジェーソン・ロバーツに取られてしまっている。

さらにタイタニック浮上の特撮はすばらしい出来なのに・・・それ以外が突っ込みどころ満載なのだ(原作はきちんとしている。映画としての処理に難点があったようだ・・・・)。


タイタニックを引き揚げろ (新潮文庫 カ 5-2)タイタニックを引き揚げろ (新潮文庫 カ 5-2)
(1981/01)
クライブ・カッスラー

商品詳細を見る
(原作はこちら。作者のカッスラーは映画版を見て激怒して二度と自分の作品は映画化させないと宣言した。数十年ぶりにようやく、同じダーク・ピット・シリーズの「サハラ」の映画化を許可したが、完成作品を見て再び激怒したそうだ)

もうひとつのジョーダン主演作品はTVドラマ「レ・ミゼラブル」。

これはよかったなあ!昔NHKで放送したのだが・・・DVD化されていないのだろうか?たしかコゼットとマリウスが結婚するとこで終わっていたような気が・・・。
ジョーダンはハリソン・フォード主演の「逃亡者」に出演が決まり、撮影も開始されたが撮影中、脳腫瘍が悪化。降板となり惜しくもこの世を去った。本当に残念なことだった。


すっかり話しがリチャード・ジョーダンになってしまった。
ヘレン・スレーターに戻そう。

残念ながら、スレーターがその後「摩天楼はバラ色に」ほどの複雑な女性を演じることはなかった。
彼女は「殺したい女」で演じたような「脳みそカラッポ」のお人好し、を演じることが多くなってしまった。

私が絶望を感じたのは彼女が遂に日本映画に登場したときだ。


逃走遊戯 NO WAY BACK [DVD]逃走遊戯 NO WAY BACK [DVD]
(2004/10/21)
豊川悦司、ラッセル・クロウ 他

商品詳細を見る


この作品、ある意味カルトな作品だ。

主演は豊川悦司。共演は、なんとブレイク前のラッセル・クロウ(「グラディエーター」、「ビューティフル・マインド」)!!嶋田久作も出演している。

そんな中、スレーターが演じたのは、見ていてイライラするくらいバカな中年スチュワーデス。
スレーターの良さが全く発揮できていない、そういう意味では残念な作品だ。こういうイメージが定着しているのかな、ととても残念に思った。

最近はどちらかというと不幸な女性役をTVドラマなどでこなしているようだ。

しかし歌手としての活躍もはじめており、新たな才能を楽しみにしたいところだ!

ちなみに「摩天楼はバラ色に」は日本では結構ヒットしたみたいだ。そのため、マイケル・J・フォックス主演の作品があたかも続編であるかのように日本では公開されていたのが思い出深い。

ちょっとそれについて・・・。

まずは「再生の街・ブライト・ライツ・ビッグ・シティ」。


Bright Lights, Big City [DVD] [Import]Bright Lights, Big City [DVD] [Import]
()
Michael J. Fox、Kiefer Sutherland 他

商品詳細を見る


もともとジェイ・マキナニーの書いた純文学が原作で全くコメディではないのだ。

酒とドラッグに溺れる主人公が再生を目指す話しで、どちらかと言うと暗い話しだ。製作はあの巨匠シドニー・ポラック。
この作品、実質的には日本とアメリカの合作だ。間違っていたら申し訳ないが、確かソニーのアメリカ映画進出第一弾だったような気が・・・。「高い授業料だった」と日本側の出資者が何かのインタビューで言っていたのを当時読んだ気が・・・(記憶違いかもしれません)。

さらには「バラ色の選択」・・・もう題名からして意識している。


バラ色の選択 [DVD]バラ色の選択 [DVD]
(2012/05/09)
マイケル・J・フォックス、ガブリエル・アンウォー 他

商品詳細を見る


軽快なコメディだったが・・・なぜかあまり印象がない・・・。
マイケル・J・フォックスが馬に乗って街中をパカラッ、パカラッと走っているシーンがボーッと思い浮かぶだけだ・・・。


小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!


小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!
現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!
ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。
DL希望の方はこちらから!

電子書籍MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケットに委託して電子書籍を販売しております。
ご安心してお買い物ください。

ほかにも多数のハイクオリティな電子書籍を低価格でご用意しております。
是非、当社HPをお試しください。

MARIBUのHPはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-04-04 (Wed)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。