プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
187

映画「さよならジュピター」の新発見

*今回は大好評発売中の電子書籍「さよならジュピターをつくったわけ」の著者よりの寄稿を紹介いたします。

なにかと評価がわかれる小松左京製作総指揮の映画「さよならジュピター」。
小松左京を研究する上では欠かせない作品だ。
しかし、海外で結構公開されていたことがわかっている(詳細は拙書「さよならジュピターをつくったわけ」参照)。

今日、わかっている範囲ではスペインで劇場公開、ギリシアとドイツでビデオ公開されていた。
ちなみにスペインでは「Adios, Jupiter, Adios」、ドイツでは「Operation Jupiter」または「Jupiter Inferno」の題名だった。

現在入手可能なところではアメリカでDVD販売、ならびにドイツでも限定的にDVD化されている。

どうやら「さよならジュピター」が公開された時に東宝は海外セールスを行なっていたようだ。

私が個人的に入手した80年代に製作されたと思われる英語吹き替え版「さよならジュピター」のVHSがある。これは明らかに東宝によって作られたものを思われる(東宝が製作した海外セールス用のポスターのタイトルロゴが劇中に用いられている)。

しかし、具体的にどのようにセールスが行われたのかは、ちょっとわからなかった。
そんな中、新発見というか・・・。
東宝が「さよならジュピター」の海外セールス用として製作したと思われる「さよならジュピター」の予告編を発見した。

Jup13
小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!
現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!
ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。
DL希望の方はこちらから!

さて、まずこちらが日本用の予告編映像。



そして、こちらが今回発見した英語版予告編。



見てもらえばわかるが、使われている映像は同じ。しかしテロップが完全に英語に変更されている。しかも、あまりうまい英語ではないとこが悲しい・・・。
さらに英語吹き替えだが、これは東宝が英語吹き替え用に製作したものとは明らかに異なっている。
おそらくこの予告編だけのために吹き替えた代物だろう。

例えば「火星で発見されたパターンと同じだわ」とナスカの地上絵のパターンについてミリーが言うシーンでは。この予告編の英語吹き替えでは「月で発見されたパターンと同じ」と誤訳されている。
また、予告編の冒頭、カルロスと英ニの別れのシーンでも本編では「木星は・・・木星は必ず俺がぶっとばしてやる」と言っているが(もちろん東宝が製作した本編の英語吹き替え版でもそのように翻訳されている)、この予告編では「カルロス、死ぬなよ。君はあまりにも死ぬには惜しいんだ」になっていたりする。

しかし、今になってこんな発見があったりするのは驚きだ。



小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!
現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!
ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。
DL希望の方はこちらから!

電子書籍MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケットに委託して電子書籍を販売しております。
ご安心してお買い物ください。

ほかにも多数のハイクオリティな電子書籍を低価格でご用意しております。
是非、当社HPをお試しください。

MARIBUのHPはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-02-27 (Mon)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop