プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

173

J・P・ホーガンの「星を継ぐもの」の元ネタ?


J・P・ホーガンといえばハードSFを得意とする天才SF作家だ。一昨年の七月に惜しくも他界されたが、その作品の数々は今も多くの人に愛されている。

ホーガンの代表作はなんといってもデビュー作の「星を継ぐもの」。その後、続編も発表されたSF文学史に名前を残す傑作だ。


星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


日本では星野之宣によって漫画化もされた。


星を継ぐもの 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)星を継ぐもの 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2011/06/30)
星野 之宣

商品詳細を見る


もちろん「星を継ぐもの」は傑作でSFファンなら一度は読まなくてはいけない作品だ。
しかし、どんな優れた芸術作品にもアーティストや作家にインスパイアを与える作品が存在する。

完全なオリジナルなんて、この世には存在しない。
黒澤明の「隠し砦の三悪人」が「スター・ウォーズ」をインスパイアしたように・・・。

そして、「星を継ぐもの」にもそんな元ネタとも言えるインスパイア作品が存在した!

MARIBUチームが今まで日本未発表だったこの作品を発掘し、MARIBUオリジナルの読みやすさに徹底的にこだわった「ダイナミック翻訳」を行った。

それがオーティス・A・クラインの「月から来た男」だ!!

ManfromDLCover_convert_20120105162213.jpg 定価200円
購入はこちらから。

作品が発表されたのは1930年。「星を継ぐもの」の45年以上前だ。
読んでもらえばわかるが「星を継ぐもの」にインスパイアを与えていることはほぼ、間違いないだろう。

作者のオーティス・A・クラインはアメリカのパルプ・マガジンを中心に活躍した作家でバローズの有名な「火星シリーズ」に対抗して「金星シリーズ」を書き、バローズと対立したことが知られている。
日本でも「火星の黄金仮面」などが翻訳されている。


火星の黄金仮面 (1978年) (創元推理文庫)火星の黄金仮面 (1978年) (創元推理文庫)
(1978/06)
O.A.クライン

商品詳細を見る


しかし、今までこの「月から来た男」が翻訳されたことはなかった。

SFファンや研究者に必読のこの作品、是非一度お試しください。

ManfromDLCover_convert_20120105162213.jpg
定価は200円です。
フォーマットはpdfですので、コンピューターや携帯端末でお楽しみいただけます。

電子書籍のMARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケットを通じて電子書籍の販売を行なっています。安心してお買い物をお楽しみください。

DLマーケットからの購入はこちらから。

電子書籍のMARIBUのHPはこちらから。

立ち読みでまずはお試しください。



また電子書籍MARIBUでは「月から来た男」以外にも、日本では紹介されてこなかった優れたSF作品の翻訳販売を計画しております。SFファンやSF文学研究家の皆様にも満足の品を発売していく予定です。

第一弾として「火星のオデッセイ」でSF文学界に革命を起こしたスタンレイ・G・ワインバウムの「極限適応」(日本初翻訳)も絶賛発売中です。
あわせてお楽しみください。

1935年に書かれたとは思えないほどの現代的な物語です。

「極限適応」
AdaptiveUltimateDLMcover_convert_20111213140104.jpg
定価200円。

お求めはこちらから!
「こちら」をクリックいただきますと、日本最大のデジタルコンテンツ販売のDLマーケットの販売ページにご案内します。

一度立ち読みでお試しください。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-01-05 (Thu)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。