プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

144

映画「キャノンボール」がリメイク?しかし・・・。

「キャノンボール」といえば1981年のヒット・コメディ映画だ。
アメリカの20世紀フォックスと香港のゴールデン・ハーベストが共同で製作した。

魅力はなんといっても豪華出演陣。

バート・レイノルズにファラ・フォーセット、ロジャー・ムーアにジャッキー・チェンにマイケル・ホイ。果てはカメオ出演でピーター・フォンダまで出ていた。

そんな「キャノンボール」のリメイクがハリウッドで噂されているが・・・。


キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD]キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/12/17)
ジャッキー・チェン

商品詳細を見る
(個人的にはマイケル・ホイとジャッキー・チェンが日本人役ってのが微妙に「日本人」じゃなくてよかったなあ・・・)

さてリメイクに興味を示しているのは20世紀フォックスとワーナー・ブラザースの2社なのだが、この資金バックアップを行なっているのが・・・・ゼネラル・モータースなのだ。

こうなると自動車映画でゼネラル・モータース提供・・・・つまりアメリカ車のプロパガンダ映画になるリスクがあるわけだ。

アメリカの国内配給だけを狙うなら「アメリカ大好き」のアメリカの観客は大喜びだろうが・・・世界配給の場合どうだろうか?
そもそも車があって、お色気があって、笑いがある、その娯楽性が「キャノンボール」の魅力だったわけだ。これに「アメリカ万歳」の要素が加わるのは、ちょっと食傷気味な気もする(まあ、完成した作品を見てみないことには何も言えないが)。

オリジナルの「キャノンボール」で思い出したが、ロジャー・ムーアがいい味出していたなあ、と。

ムーアの007はコメディタッチが強かったし、もともとコメディが似合うのかもしれない。


美しき獲物たち (アルティメット・エディション) [DVD]美しき獲物たち (アルティメット・エディション) [DVD]
(2008/12/19)
ロジャー・ムーア、クリストファー・ウォーケン 他

商品詳細を見る
(ムーア主演の007ではこの作品が一番気に入っている。ムーアがボンドを演じた最後の作品だが「インディ・ジョーンズ」よりもはるかに娯楽性が高いように公開当時は感じてしまった)


ムーンレイカー (アルティメット・エディション) [DVD]ムーンレイカー (アルティメット・エディション) [DVD]
(2008/12/19)
ロジャー・ムーア、ミシェル・ロンズデール 他

商品詳細を見る
(ムーアの007で一番愛すべきおバカ作品は「ムーンレイカー」かも・・・。「スター・ウォーズ」ブームに乗って宇宙に行くボンド。レイザー光線が飛び交うわ、変な剣道で襲ってくる悪漢(でも凶器は竹刀だ)はいるわ、フランケンシュタインのパロディのようなジョーズ(リチャード・キール)、ドアのチャイムの音が「未知との遭遇」だったり・・・・なんだこりゃあ、の愛すべき異色作。お好きな方にはたまらない。必見!)

ムーアが演じたコメディの中で最高なのは・・・・「ピンクパンサー5」だ!

これはピーター・セラーズ主演の人気シリーズ「ピンクパンサー」の最終作品・・・・と言ってもセラーズが他界した後に製作された作品だ。
公開当時のポスター!少し大きめだが見て欲しい!セラーズ不在なのに楽しそうだと思いませんか?

劇場用 映画ポスター【ポスター】ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ劇場用 映画ポスター【ポスター】ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ
()
不明

商品詳細を見る


この作品、ピーター・セラーズ演じるクルーゾー警部が行方をくらまし、その行方を新キャラクター、スレイ刑事が追う、という設定になっている。
この先ネタバレになるが・・・・。


実はクルーゾー警部は整形手術の末・・・なんとロジャー・ムーアの顔になっているのだ!このクルーゾー刑事役をムーアは実に生き生きと演じている。たとえば、頭からバケツが離れなくなってしまい、そのまま「おしゃれだ」と主張する辺り、三谷幸喜監督のコメディのようなおかしさがある。

あまり評価が高くなく、幻の作品のような一面があるが、是非、一度試していただきたい作品だ。


now sale



お求めはこちらから!
「こちら」をクリックいただくとMARIBUのホームページにご案内します。

当社は日本最大のデジタルコンテンツ販売の「DLマーケット」を通じて電子書籍を販売しています。
安心してお買い物をお楽しみください。
スポンサーサイト
  • Date : 2011-10-25 (Tue)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。