プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
139

物理の世界を覗いてみよう

物理はとてもとっつきずらい。
受験のときに苦労した人も多いはず。

私も高校生だったときにはさっぱりわからなかった。今はどうかしらないが、私が高校生だった頃の教育指針によれば物理の授業が始めるのは数学で「微積分」を教わる前だから、物理を教えるときに微積分を使ってはいけない、ということになっていた。
したがって公式を意味もわからず、ひたすら暗記しようとして、わけがわからなくてずいぶんと思い悩んだものだ。

物理をやるのに微積分を使うな、というのは今思うと「なにを考えているんだ・・・?」という疑問しか思い浮かばない。

もし、タイムマシンがあったら、物理の成績が悪くて思い悩んでいた高校時代の自分に「当たり前だよ。それが正常」といってあげたいものだ・・・。

浪人したときに予備校で微積分を使って物理を教わった瞬間、すべてが理解できた。あまりに簡単に理解できて拍子抜けしたのを覚えている。と同時に高校での教育方針に盲目的に従ってしまった自分の情けなさに涙が出そうになった。


新・物理入門 (駿台受験シリーズ)新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
(2004/05)
山本 義隆

商品詳細を見る
(浪人時代に目を開かされた物理の参考書。今でもよく手にとって読む。受験参考書のレベルを超えていて、もっと広く教養書として読まれるべきだと思う一冊)
さて、そんな物理の世界・・・。
私も仕事が多少、物理に関係しているので物理関連の書籍を読む機会が多い。

専門書は別として一般向けに楽しい「物理」ワールドをいくつか・・・。


ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
(2000/01/14)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る


物理学者のエッセイとしては「ご冗談でしう。ファインマンさん」はやはり面白い。
若い読書にももっと広く読んでもらいたい本の一つだが、活字離れが今は深刻だそうで・・・と思っていたらなんとファインマンさんシリーズがアメリカで漫画化された。


FeynmanFeynman
(2011/08/30)
Jim Ottaviani

商品詳細を見る


日本の漫画とはスタイルが若干異なるが、読みやすい!ビジュアルに訴えてくるので新しい魅力が発見できる一冊だた。邦訳が待たれる。


個人的に歴史が好きなので物理学を歴史と絡めてくれた「磁力と重力の発見」は傑作。読んでいてこれほど刺激された作品は少ないだろう。


磁力と重力の発見〈1〉古代・中世磁力と重力の発見〈1〉古代・中世
(2003/05)
山本 義隆

商品詳細を見る
(前述の「物理入門」も山本義隆氏によるものだ。東大闘争で活躍した山本氏だが、私にとっては「恩人」とも言える先生だ。山本先生に予備校で物理を教わらなかったら・・・人生は全然違うものだったろうなあ・・・「物理」が人生を変えることもあるのだ。でも予備校で山本先生の影響を受けた人って結構多いんじゃ!?)

しかし、山本氏は物理の知識が全然ない人にはちょっとキツイのかもしれない。またファインマンさんシリーズもこれまたずいぶん前の本だし。

そこでおすすめしたいのが、手前宣伝になってしまうが弊社MARIBU発行のユリス博士シリーズ。

ユリス博士はラトビア出身でモスクワ大学で物理・数学・生物学を学んだ秀才だ。モスクワ時代にソビエトの共産主義の矛盾点に気が付き、鉄のカーテンの向こうで政府関係者の目を盗みながら西側諸国の勉強を続けた異端児でもある。

そんなユリス博士が日本の読者に特別に書き下ろしたのが「イメージング」。
おかげ様で発売以来、多くの読者の皆さんからご支持いただき、MARIBU科学書の中ではトップの売上を維持し続けている。

imaging

お求めは電子書籍のMARIBU→<こちら>からどうぞ!

わかりにくい物理の世界を素人が読んでも楽しめるように書いた傑作。ユリス博士からの「なるべく短くして途中で脱落しないようにしたい」という意向を受けて、すぐに読み終わる(しかし、情報量はいっぱい)一般向け物理読本に仕上がっている。

こちらCM画像


また「現代のファインマン」とも言える博識さを誇るユリス博士にはエッセイも執筆してもらった。
こちらもMARIBUから絶賛発売中。

Juris
お求めは電子書籍のMARIBU→<こちら>からどうぞ!


現代のファインマン、ユリス博士シリーズはこれからも続きます。お楽しみに!
スポンサーサイト
  • Date : 2011-10-13 (Thu)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop