プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

138

映画を読み解く伝記

映画俳優や監督の半生にせまる本を読むのは面白い。

ただ、読んでいてつまらない映画関係の伝記というのもある。
たとえば、ある人物をひたすら称える伝記を読むと、なんだか胡散臭いものを感じてしまったりする。

今回はそんな映画関連の伝記のおすすめを何冊か紹介してみたい。


スカイウォーキング 完全版―ジョージ・ルーカス伝スカイウォーキング 完全版―ジョージ・ルーカス伝
(1997/05)
デール ポロック

商品詳細を見る
(このジョージ・ルーカス伝はとても面白いのだが、一方で褒めちぎっていてルーカスが完全無欠な人物に見えてしまう。ファンにとっては聖典のような本なのかもしれないが、一読者としては物足りない感じもしてしまう・・・)

個人的に面白かったルーカス伝はバクスターの執筆したルーカス伝。これはもっと人間的なルーカスの側面が見えてきて面白かった。


ジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス
(1999/09)
ジョン バクスター

商品詳細を見る


もっと面白かったのはこちらの「ルーカス帝国の興亡」。「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」でルーカスと袂を分かったゲーリー・カーツが全面協力している。


ルーカス帝国の興亡―『スター・ウォーズ』知られざる真実ルーカス帝国の興亡―『スター・ウォーズ』知られざる真実
(1998/05)
ゲリー ジェンキンズ

商品詳細を見る
(日本語版の翻訳は野田昌宏氏だ!)


少し伝記から離れしまうが、今をときめくCGアニメ製作会社ピクサーがもともとはルーカスフィルムのCG部門だったことは有名だ。そんなピクサーの成功物語が記されているのがプライスの「メイキング・オブ・ピクサー」。


メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々
(2009/03/20)
デイヴィッド A.プライス

商品詳細を見る


これはこれで、またとてつもなく面白いのだが、いかんせんピクサーをひたすら褒め称える所がどうも鼻についてしまう(私がひねくれているのかもしれないが・・・)。ドリームワークスのCGアニメをあからさまに敵扱いしているところもちょっと・・・・プロパガンダを読んでいるような気が少ししてしまった。

そんな不満を持っていたときに出会ったのがこちら「Droidmaker」。


Droidmaker: George Lucas And the Digital RevolutionDroidmaker: George Lucas And the Digital Revolution
(2005/10/21)
Michael Rubin

商品詳細を見る


翻訳が出ていないのが残念だが、特撮やCGの歴史からルーカスフィルム時代の苦悩、ピクサー独立の経緯など技術的側面から経営的な側面まですべてを網羅した傑作だった。
ときに専門用語なども出てきて読みきるのは容易ではなかったが写真資料も豊富で、読後感は最高だった。
英語が読めなくても映画ファン、特撮ファンだったら手元に置いとかなければいけない必携の本だ!


さて、日本映画史にいってみよう。

おすすめなのが「演技者」。


演技者―小林桂樹の全仕事演技者―小林桂樹の全仕事
(1996/12)
小林 桂樹、草壁 久四郎 他

商品詳細を見る


日本を代表する俳優、小林桂樹がインタビューに答える形で執筆された傑作。先日、惜しくも他界された小林桂樹氏だが、その俳優歴を振り返るというこの本の構成は映画史を知る上で欠かせない貴重な証言になっている。

小林桂樹氏は群馬県の出身で、もともとは二枚目俳優だったが、社長シリーズなどでサラリーマン俳優として人気を博した。


虹男 [DVD]虹男 [DVD]
(2006/05/26)
小林桂樹、暁テル子 他

商品詳細を見る
(小林桂樹が二枚目俳優として主演したSFスリラー「虹男」。パートカラーを取り入れた野心作だ)


社長外遊記<正・続編> [DVD]社長外遊記<正・続編> [DVD]
(2010/10/22)
森繁久彌、小林桂樹 他

商品詳細を見る
(小林桂樹といえば「社長シリーズ」)

小林桂樹氏は後年は牟田刑事シリーズなどで渋い演技を披露していた。1984年に製作された「ゴジラ」では内閣総理大臣だった。現実離れした決断力のある立派な総理を演じてのけた。
しかし、社長シリーズで見せたコメディのセンスも抜群で、大沢逸美や南田洋子と共演したTVドラマ「父娘ゲーム」では爆笑のコメディセンスを見せつけていた。

「演技者」を読むと、本人は不本意だったようだが森田芳光監督、とんねるず主演の「そろばんずく」では三木のり平と再びタッグを組んで「社長シリーズ」の再来を演じてみせた。


そろばんずく [DVD]そろばんずく [DVD]
(2002/03/20)
とんねるず、安田成美 他

商品詳細を見る


最後に日本映画史の中の大スター、田宮二郎の伝記も忘れてはいけない。


田宮二郎、壮絶!―いざ帰りなん、映画黄金の刻へ田宮二郎、壮絶!―いざ帰りなん、映画黄金の刻へ
(2007/07)
升本 喜年

商品詳細を見る


この本は面白かった!
映画俳優だけでなく実業家としての成功も目指した田宮二郎の栄光と苦悩が赤裸々に書かれていて感動した。

読み終わったあと、今や幻の名作となっている田宮二郎が出資したイギリス映画「イエロードッグ」が見たくなった。


映画チラシ 「イエロー・ドッグ/錆びた炎」出演 田宮二郎、ロバート・ハーディ//平幹二朗、藤岡弘映画チラシ 「イエロー・ドッグ/錆びた炎」出演 田宮二郎、ロバート・ハーディ//平幹二朗、藤岡弘
()
アットワンダー

商品詳細を見る


田宮二郎の作品というと、どうしても「白い巨塔」が印象深い。


白い巨塔 劇場版 [DVD]白い巨塔 劇場版 [DVD]
(2001/11/22)
田宮二郎、東野英治郎 他

商品詳細を見る
(個人的にはTVドラマ版よりこの映画版のほうが遥かに好き)

しかし、私が敢えて進めたいのは「撃たれる前に撃て!」


撃たれる前に撃て [VHS]撃たれる前に撃て [VHS]
(1989/12/14)
田宮二郎

商品詳細を見る


警視庁の凄腕刑事、小村(通称「コブラ」)を田宮二郎が演じている。現実離れしたアクションはスタローンの「コブラ」をはるかに凌駕しているぞ!



コブラ [DVD]コブラ [DVD]
(2008/04/11)
シルベスター・スタローン、ブリジット・ニールセン 他

商品詳細を見る
(スタローンの「コブラ」とは関係ないか・・・)

part4

お求めはこちらから!

スポンサーサイト
  • Date : 2011-10-11 (Tue)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。