プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

126

洋書を読みこなすためには・・・

当ブログでは洋書をよく紹介してきた。
今までに「ケインとアベル」であったり「本泥棒」であったり、ときには戯曲で「去年の夏、突然に」を紹介した。

これらはいずれも英語が読みやすいので高校卒業程度の英語力があれば読みこなせるはずだ・・・・理想的には。

しかし、現実には読みこなすのは難しい。
今までそんな意見を何人もの方から聞いたし、このブログに意見を寄せてくれた人もいた。

実際、その悩みはすごくよくわかるのだ。

現実問題としてわからない単語はあるし、長いし(日本語訳だって最後まで読むのは難しいくらいのときもある)途中で挫折しても無理はない。というか、挫折しても悩む必要なんてまるでない。たとえ挫折していても「何か」を得ているはずだ。

ただ、挫折感が残ってしまうのはよろしくない。

そんなとき、このブログのスポンサーである電子書籍のMARIBUから「理想とする英語教材を作ってみませんか?」という依頼をもらった。

そこで今回は宣伝のようになってしまうが、私が今までの経験から得たいくつかの英語の習得方法を案内して、私が監修したMARIBUの英語勉強法も紹介したい。


Kane and Abel (Coronet Books)Kane and Abel (Coronet Books)
(1981/02/01)
Jeffrey Archer

商品詳細を見る
(「ケインとアベル」の英文そのものは最初に挑戦する洋書に最適なのだが・・・・いかんせん長い!!)
英語を習得するには読解力と会話力(聞き取りも含める)になる。

日本では前者がやたらと要求される。構文がどうだの、過去完了形だの「なんだそりゃ?」というものを多く知っているほうが勝ち、というわけだ。

実際、日本の入試英語は非常に非常に難しい。私が受験生だったころには慶応大学の医学部の英語の問題のすさまじい難しさには定評があった。逸話によればケンブリッジ大学の英文学専攻の卒業生でさえも慶応大学医学部の入試問題の英語では満点がとれなかったとか。

慶応大学に限らず日本で教育される英語はとーーーーーっても難しいのだ!

だが、ここで海外では不思議な現象が起きる。
こんなすごい英語の試験を打ち勝ってきたわれわれ日本人の英語がまったく通じないのだ。



一方で日本人の中にも遠慮をしないで、どんどん積極的に外人と話す人がいる。
こういう人は決まってしゃべっている英語の文法はメチャクチャだ。しかし、不思議と言いたいことはわかる。つまり、相手の外人にとっても「理解できる英語」になっているわけだ。

文法はメチャクチャだけど「英語が話せる日本人」を見ていると結局はボキャブラリ数の問題だな、と思う。

「文法はメチャクチャだが英語が話せる人」というのは、知っている英単語数が多いのだ。

では、ボキャブラリ数を増やすのにお勧めなのは・・・・


えいご漬け 改訂版えいご漬け 改訂版
(2005/08/05)
Array

商品詳細を見る
(ゲーム感覚で英単語が増える。ただ、注意しなければいけないのは「単体」としての単語は覚えるだけではだめだ。字際に使って初めて自分のものになる。だから、この「英語漬け」はまず最初の一歩として最適だろう)

実践的な英単語を身につけるのに最適なのは二つある。

一つ目は映画をDVDで見ること。そのときに英語字幕をつけてみることだ。これはヒアリングにいい。好きな映画なら何回見ても飽きないから、大好きな映画を繰り返し見ることだ。

この方法をある知り合いに教えたら、プライドの高いお医者さんだったため「俺みたいな男は下らん映画では勉強しない」と言って名作「風と共に去りぬ」で勉強を始めたが、挫折していた。大バカである。
まず「風と共に去りぬ」はこういう勉強をするには長すぎる。さらに意図的に南部訛りでしゃべっているので日本人には聞き取りずらい。


摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に (ユニバーサル・セレクション2008年第10弾) 【初回生産限定】 [DVD]摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に (ユニバーサル・セレクション2008年第10弾) 【初回生産限定】 [DVD]
(2008/10/09)
マイケル・J・フォックス、ヘレン・スレイター 他

商品詳細を見る


摩天楼はバラ色に (スクリーンプレイ)摩天楼はバラ色に (スクリーンプレイ)
(1993/09)
フォーイン クリエイティブ プロダクツ

商品詳細を見る
(昔、学生時代に英会話塾で講師のアルバイトしていたときに生徒さんに聞かれて薦めたのがこの「摩天楼はバラ色に」の映画(もちろん当時はVHS)と脚本の組み合わせだった。SF映画やアクション映画より実践的に日常で使える英語を学ぶにはコメディ映画とかのほうがいい)

さて、あとは洋書を読みこなすことだ。

忍耐力がある人はこのブログで以前紹介したように「ケインとアベル」や「本泥棒」の英語版がお勧め。

でも、現実には難しい・・・という場合どうしたらいいだろうか?

よくあるのが英語の絵本から勉強する、というやり方だ。
確かにすぐに読み終わるし、簡単に物語も理解できる。でも、これはどうかな?と思う。
世界最高峰の英語教育を受けている日本人だ。英語の絵本が読めるのは当たり前だ。当たり前なのにこういった英語の絵本を使った英語教材で「スラスラ(絵本が)読めるようになる」とか宣伝を聞くと首をかしげたくなる。
それに、いい年した大人が絵本ということはないだろ、と思う。

私は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が学生時代から好きでよく読むのだが、主人公の両さんが難しい問題にあたると、上司の部長や署長が「くまさんの紙芝居」にして説明しようとする。
あなたに「英語の絵本で勉強しよう」というのはこれと非常に似ている。


こちら葛飾区亀有公園前派出所 176 (ジャンプコミックス)こちら葛飾区亀有公園前派出所 176 (ジャンプコミックス)
(2011/08/04)
秋本 治

商品詳細を見る
(英語の勉強に疲れたときは「こち亀」がいいかも?)

声を大にして言う。

「自分を卑下してはいけない。あなたには英語をスラスラ読みこなす潜在的な力が、もうある」

ただ、慣れていないだけなのだ。

だから、とにかく洋書を読みまくる。
たくさん読む。そして、持続させることだ。

持続させるには「達成感」が必要だ。

そこで、MARIBUの依頼にこたえて作ったのがこの二冊だ。

まずフランスの文豪、モーパッサンの短編小説「告白」を選び、フランスの翻訳者と協力して新たな日本語訳を提供した。

もぱ
(お求めはDLマーケットからはこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「小説」カテゴリからどうぞ)

この場合、一字一句を翻訳するのではなく「読みやすさ」を重視するやり方にした(詳細は後述の「ダイナミック翻訳」を参照)。
モーパッサンは名作を多く残しているが、いかんせん100年以上も前の作家だ。面白く読みこなすには時代にあわせた変化が必要だ。

非常に短いので15分もあれば読み終わる。
今回は200円で販売しているが、本当はもっと安くしたかった。しかし、販売を委託しているDLマーケットの最低設定価格が200円なので、この価格で今回は勘弁してほしい。

次に同じ作品の英語版を読んでほしい。

もぱえ
DLマーケットからの購入はこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「洋書」カテゴリからどうぞ)

この場合、物語の内容を知っているので、比較的簡単に読みこなせるはずだ。
間違っても「わからない単語」を辞書で調べたりしてはいけない。とにかく最後まで読みこなすのだ。

ためしてもらえばわかると思うが・・・・簡単に洋書って読めるでしょ?

MARIBUでは今後もこのシリーズを続けていくことになっている。
モーパッサン作品も続くがほかの作品も準備しているので期待してほしい。

売り上げがよければ私が一番お勧めしたい「ヒアリング」技術も磨ける朗読も販売することも視野に入れているようなので、応援していただきたい。

ちなみに日本文学で同様な勉強をすることも可能だ。

これも私が監修したのだがMARIBUでは夢野久作の名作「瓶詰地獄」の英語版も販売している。
DLマーケットから購入の場合、巻末に日本語訳があわせて収録されているのでお得だ。

へn
お求めはこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「洋書」カテゴリからどうぞ)


値段もMARIBUに頼んで可能な限り安価での提供をお願いしているので応援のほどをお願いします。


案内


モーパッサン原作「告白」日本語ダイナミック翻訳版

もぱ
(お求めはDLマーケットからはこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「小説」カテゴリからどうぞ)
フランスの文豪、モーパッサンの短編小説をMARIBU独自の「ダイナミック日本語訳」で提供!

結婚もせず、二人で力をあわせて生きてきた姉妹・・・。しかし、妹が死の床で
姉に打ち明けた恐るべき「告白」とは・・・?

MARIBUでは、古典ともいえる名作を「読みやすく」して提供することに徹底的にこだわり「ダイナミック翻訳」という手法を用いました。

<ダイナミック翻訳とは>
1. 文学の専門家にまず日本語訳を依頼。
2. 完成した翻訳文を読書嫌いのモニター数名に提供。その意見を徹底的に解析。
3. 日本人ライターの手でその意見を反映させた日本文に書き直し。
4. その後、もう一度文学の専門家に監修を依頼し、原作の持つテイストを損なわないように訂正。

この作業を「読書嫌いのモニター」の多くが「読みやすい」の評価を与えるまで繰り返しました。

したがって、読書嫌いの方も、読書好きの方も、すべての方が納得していただける「名作」に仕上がっていると自負しております。

短編ですので、通勤・通学のお供に、携帯端末等でお楽しみいただくのに最適です。



(お求めはDLマーケットからはこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「小説」カテゴリからどうぞ)


モーパッサン原作「告白」英訳版「the Confssion」

もぱえ
DLマーケットからの購入はこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「洋書」カテゴリからどうぞ)

フランスの文豪、モーパッサンの名作短編の英訳版、ついに販売!

英語の洋書を読めるカッコイイ人になりたい、と思っている人は多いはず。で
も、実際に挑戦してみると・・・難しいし、長いし、読み始めても挫折し た人
も少なくないでしょう。
その一方で、簡単な英語の絵本から、ということで子供の本から挑戦した人もいると思います。
しかし、英語の絵本などから読み始めても、いつになったら大人向けの洋書が読みこなせるようになることやら・・・・とお悩みの方も多いはず。

でも、本当はあなただって簡単に洋書は読みこなせるのです!
でも、それにはコツがいります。

はじめから難しい長編に挑戦してもうまくいきません。まずは「大人向けの短
編」から挑戦するのが一番です。
その際、最初は「物語の内容を知った上で洋書を読む」ことが大事です。

このモーパッサン原作の英語版「告白/Confession」をお試しになる場合には、
MARIBUから絶賛販売中の「ダイナミック日本語翻訳 版」を最初にお読み
いただいた上で挑戦していただけると効果的に英語の学習ができます。

短いので途中で挫折することは、まずありません。
DLマーケット最低設定価格の200円で提供させていただきます。

MARIBUは「英語の洋書をかっこよく読みこなす」あなたを応援します!

もちろん、すでに英語の洋書が読みこなせる方は、単品で英語版をお試しいただいても楽しんでいただけます。

DLマーケットからの購入はこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「洋書」カテゴリからどうぞ)

夢野久作原作・「瓶詰地獄」英語版(日本語原文も収録)

へn

お求めはこちらから。MARIBUサイトはこちらから:左「洋書」カテゴリからどうぞ)

MARIBUは日本最大のデジタルコンテンツ販売のDLマーケットを通じて販売しています。
ご安心してお買い物ください。

ほかにも多くの電子書籍を取り揃えております。ぜひMARIBUサイトにもお越しください。

MARIBUHPはこちらから。
スポンサーサイト
  • Date : 2011-09-09 (Fri)
  • Category : 書籍
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。