プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
104

ロバート・ダウニー・Jr主演の「シャーロック・ホームズ」最新作の予告編登場。

2009年に公開されたロバート・ダウニー・Jr主演の「シャーロック・ホームズ」の続編「Sherlock Holmes: A game of Shadows」は今年の12月の公開を目指して製作中だ。

あのコナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」を新たな解釈とストーリーで構築した前作は、当時のロンドンの雰囲気を特撮で思う存分に再現し、アクション映画としても、また推理ものとしても楽しめる作品だった。

その続編の予告編がいよいよお目見えした。
前作、ホームズの宿敵、モリアーティー教授の存在が強く示唆されつつもなぞに包まれていたが、今回はそのなぞも解明されることになりそうだ。

前作の「シャーロック・ホームズ」もそうだが、コナン・ドイルが書いた「シャーロック・ホームズ」はすでに著作権が切れているので、さまざまな新解釈の作品が過去にも発表されてきた。


シャーロック・ホームズ [DVD]シャーロック・ホームズ [DVD]
(2010/11/23)
ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る
(前作はそんな新「ホームズ」ものの中ではもっとも派手でアクションが詰まっていたように思われる)


もちろんドイルの原作を忠実に再現した英国ITV1のドラマシリーズ「シャーロック・ホームズの冒険」はこれはこれで重厚ですばらしい作品だ。


シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-SET1シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-SET1
(2010/07/23)
ジェレミー・ブレット、デビッド・バーク 他

商品詳細を見る


しかし、これだけ魅力的なキャラクターとなれば後世の作家や映画監督たちが自分の解釈に基づいて小説や映画を発表するのも無理がないだろう。

そんな「新ホームズ」もので個人的に印象に残っているのはニコラス・メイヤーが執筆し、さらにのちに自身の手で脚本を執筆し映画化された「シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険」だ。


シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険―ワトスン博士の未発表手記による (扶桑社ミステリー)シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険―ワトスン博士の未発表手記による (扶桑社ミステリー)
(1988/05)
ニコラス・メイヤー

商品詳細を見る



Seven Percent Solution [DVD]Seven Percent Solution [DVD]
(2009/06/02)
Seven Percent Solution

商品詳細を見る
(こちらが映画版。日本では残念ながらDVD化されていない)


シャーロック・ホームズの素敵な挑戦 [VHS]シャーロック・ホームズの素敵な挑戦 [VHS]
(1988/07/22)
ハーバート・ロス、ロバート・デュヴァル 他

商品詳細を見る
(さがしたところ、日本ではVHSで過去に発売されていたようだ。見たいかたはこちらを。)



この「シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険」ではホームズはコカイン中毒に陥っている(原作にもあるあの有名なシーンに引っ掛けたわけだ)。そしてその治療のため、ワトソンはホームズを有名な精神科の医師のもとに連れて行く。その精神科医とはあの、ジークムント・フロイトだ。
実に面白い設定だ。原作者のニコラス・メイヤーといえば、「スター・トレック」の映画化第二作と第六作を監督し、エゴの強い出演者をうまくまとめてファンにも出演者も満足のいく作品を作り上げて映画監督として類稀な才能を発揮した人物だ。それ以外にも多くの印象に残る映画を発表している。

代表的なところでは、保守色の強いアメリカで核戦争の恐怖を描いた「ザ・デイ・アフター」


ザ・デイ・アフター [DVD]ザ・デイ・アフター [DVD]
(2004/08/27)
ジェイソン・ロバーズ、ジョベス・ウィリアムズ 他

商品詳細を見る
(のちにレーガン大統領はこの作品が核軍縮の方向にアメリカが向かう上で影響を与えたと語っていた。ちなみにこの作品はアメリカの保守勢力から敵視され、保守側は抵抗をこめてTVシリーズ「アメリカ(AMERIKA)」を製作した。映画が政治の駆け引きの道具になる、というのはアメリカらしい)

さらにホームズと同じく19世紀末のイギリスと現代を舞台にし、切り裂きジャックとHGウェルズが現代で対決するという秀作「タイム・アフター・タイム」も忘れられない。


タイム・アフター・タイム [DVD]タイム・アフター・タイム [DVD]
(2007/11/02)
マルコム・マクドウェル、デイビッド・ワーナー 他

商品詳細を見る
(この作品はオーソドックスなタイムとラベルものとしては非常に面白い。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などが好きな人にはおすすめだ。また映画のディープなファンにとっても異色性格俳優で悪役ばかり演じているマルカム・マクドウェルが主人公を演じているのも秀逸だ。必見!)

しかし、メイヤーは映画監督以外にも小説も多く発表しているわけで、まさに才人だ。


The View From the Bridge: Memories of Star Trek and a Life in HollywoodThe View From the Bridge: Memories of Star Trek and a Life in Hollywood
(2009/08/20)
Nicholas Meyer

商品詳細を見る
(メイヤーの自伝的作品。ハリウッドの経験が多く記されており、映画ファンや「スタートレック」のファンなら必読の書だ)


新ホームズものはほかにもいろいろあるが、もう一本異色作を紹介するとしたらスティーブン・スピルバーグ製作総指揮の「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」だろう。


ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 [DVD]ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 [DVD]
(2007/10/26)
ニコラス・ロウ、アラン・コックス 他

商品詳細を見る


これはホームズとワトソンの二人が実は十代の若者のころからの友人だった、という設定に基づいている。つまりまだ若き二人が難事件に挑んでいくわけだ。

公開当時に見ただけだったが、このブログを書くために再見してみたら、以外に面白かった。現代でもじゅうぶん通用するファミリー映画といえるだろう。最後のエンドクレジットが出終わった後にホームズファン向けのサービス(続編への布石だったのかな?)があるのもうれしい。

この作品は映画史的にも意義の深い作品だ。公開当時、話題になったのがこの作品に使われた特撮シーンだ。登場人物の一人が教会のステンドグラスの騎士に襲われるという幻覚を見るシーンがあるのだが、この際にステンドグラスの騎士をCG製作し、立体的にライブアクションの俳優と合成したのはジョージ・ルーカスの特撮工房ILMのコンピューター・アニメーション部門だったそうだ。

実はこのILMのコンピューターアニメーション部門はのちに独立し、現代をときめくCGアニメ製作会社ピクサーに発展していく。
当時、ILM内でこのコンピューターアニメ部門はなかなか成果が挙げられずに苦境に立たされていたそうだ。ルーカス自身もコンピューターアニメ部門にかける期待が少なくなっていたとか。「ヤング・シャーロック」はそんな彼らがルーカスに自らの才能とポテンシャルを示すには絶好のチャンスだったのだそうだ。

アニメーションの歴史に興味のある人だったら「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」は一度は見ておく必要がある作品だろう。



MARIBUの「さよならジュピターをつくったわけ」を是非、一度お試しください。


最新第8巻が現在絶賛発売中です。

今回はついに動き出した「さよならジュピター」の映画化計画の全貌が明らかになります!

小松左京事務所イオにはSF映画を作るために才能ある若者たちが集まりだした。
米田裕や張仁誠、小川正晴など、日本を代表する若きSFアーティストたちが結集!夢に向かって「ジュピター」は走り始めた!

米田氏や張氏へのインタビューに基づき、当時の状況を分析。

小松左京事務所イオの提供により初公開の写真も収録!
連絡艇の模型完成時の貴重な写真も収録。
今まで謎とされていたオーソン・ウェルズへの出演交渉の詳細やアーサー・C・クラークが「さよならジュピター」と自作「2010年宇宙の旅」の類似点にショックを受けて小松左京に送った手紙の内容まで、すべてが明らかになる第8巻!
お見逃しなく!!

ファン必見の最新第8巻の購入はこちらから!!
(定価200円)


現在、第一巻は無料DL提供中!この機会に是非、お試しください。
第一巻、無料DLはこちらから!

slide 1

こちらはCM画像です




「卒業になりそこねた映画」

Corvette Summer

映画「スター・ウォーズ」でルーク役を演じたマーク・ハミルが出演した青春映画「コルベット・サマー」。
この知られざる作品に秘められたなぞを脚本第一稿や当時の資料を駆使して解析。

監督がこの作品で意図していたのはなんだったのか?

映画ファン、マーク・ハミルファン必読の一冊。



お求めはこちらから。


豊富な電子書籍を取り揃えております。
MARIBU出版HPへはこちらから。

当社は日本最大のデジタルコンテンツ発売のDLマーケットを通じて電子書籍の販売を行っています。
ご安心してお買い物ください。







スポンサーサイト
  • Date : 2011-07-14 (Thu)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop