プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
100

レニー・ハーリン監督の最新作「5 Days of War (aka 5Days of August)」を見た

レニー・ハーリン監督といえば「ダイ・ハード2」や「クリフハンガー」などのヒット作を一時とばしていたが、最近見かけなくなっていた。

そんな監督の最新作「5 Days of War」をようやく見ることができた。

果たしてどんな映画なのか・・・・。



(予告編)
レニー・ハーリンといえば前述のように「ダイ・ハード2」、「クリフハンガー」などのヒット・アクション映画をとばした。

しかしその後、結婚したジーナ・デービスを主演にして製作した「カットスロート・アイランド」と「ロングキス・グッドナイト」が不評に終わり、壮大な「ジョーズ」のパロディ映画のような「ディープ・ブルー」の後、その活躍はあまり聞かなくなっていた。



カットスロート・アイランド [DVD]カットスロート・アイランド [DVD]
(2004/06/25)
ジーナ・デイビス、マシュー・モディン 他

商品詳細を見る
(「カットスロート・アイランド」はもともとヒーロー役にマイケル・ダグラスが想定されていたそうだ。ダグラスの出演が難しくなった段階から製作が難しくなっていったそうだ)


ロング・キス・グッドナイト [DVD]ロング・キス・グッドナイト [DVD]
(2011/01/26)
ジーナ・デイヴィス、サミュエル・L・ジャクソン 他

商品詳細を見る
(主演のジーナ・デイビスは当時、ハーリンの妻だったがその後、離婚。ブレイクする前にデイビスはマイケル・J・フォックス主演の人気TVシリーズ「ファミリータイズ」に出演し、フォックスが一目ぼれする女性を演じたりしていた)


ディープ・ブルー [Blu-ray]ディープ・ブルー [Blu-ray]
(2010/10/06)
トーマス・ジェーン、サフロン・バロウズ 他

商品詳細を見る
(この作品は注意深く見ると随所に「ジョーズ」へのオマージュが散りばめられている。探してみるのも面白いかもしれない)


さて、そんなハーリンの最新作「5 Days of War」。
アクション映画の監督のイメージがあったので、見てみて少し意外だった。

この作品は2008年のグルジアとロシアの間で起こった南オセチア紛争を題材にした作品なのだ。
南オセチア紛争の詳細についてここでは述べないが、これは2008年の北京オリンピックの真っ最中にグルジアとロシアが南オセチアと呼ばれる地域をめぐって戦火を散らした事件だ。

映画の中では、この紛争に居合わせたアメリカの戦場記者を通じて、その様子が描かれている。

俳優陣には「ゴッドファーザー3」のアンディ・ガルシアがグルジア大統領を演じていた。
「トップ・ガン」でアイスマンを演じたヴァル・キルマーも脇をしっかり固めて出演していた(少し中年太りになっていたが、渋い演技だった)。

物語はグルジア側の視点から描かれており、ロシア軍の蛮行がこれでもか、と見せ付けられる。
作品の中で蛮行を働くのはロシア軍ではなく、ロシア側に雇われた傭兵たちだが、これに関しても「ロシア軍は秩序が全く保てず、士気が低いので傭兵を雇った」と説明される。

作品としてはそれなりに迫力もあるのだが、いくつかの主人公たちの危機的状況を救うのが、あまり説得力がないような展開の部分も見られた。しかし全体的には見ごたえはじゅうぶんにある。

問題があるとしたらそれは作品としてではなく、実際にあった戦争を一方の国の視点から見る、ということにあるのかもしれない。この作品の最大の問題点は、制作費がグルジア政府によって資金調達されているという点だ(当初、グルジアの大統領は資金提供を否定したが、現在間接的に資金援助していたことが指摘されているようだ)。一歩、間違うとプロパガンダ映画になってしまう危険性をはらんだ映画だ。

映画というメディアの持つ影響力を考えさせられる作品だった。

ただ、面白いことにこの作品の特撮を担当したのは、近年のロシア映画の中で特撮が高く評価された「ナイトウォッチ」の特撮を担当したチームだそうだ。ロシアの特撮スタジオがこの「反ロシア」の作品の特撮を担当している、というのは意外だった。


ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR [Blu-ray]ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR [Blu-ray]
(2010/07/02)
コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ 他

商品詳細を見る


では、この作品を見たほうがいいかどうか、ということになると、上記の「プロパガンダ的な要素がある」ということを踏まえた上で、やはり見たほうがいい、と思う。

というのは、この南オセチア紛争については北京オリンピックの影に隠れて、ほとんど報道されなかった。日本でも夜のニュースでちょっと触れられている程度だった。世界のどこかで、人々が戦争で苦しんでいる、そういった状況の中でメディアは「平和の祭典」だけを報道することを選び、われわれはこの紛争について細かく知ることはなかった。

結局、われわれはメディアが選んだ情報だけを受け取って満足してしまっているのだろうか?という疑問を感じ考えさせられた。
これは「ホテル・ルワンダ」においても提示されていた問題点だ。


ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]
(2006/08/25)
ドン・チードル、ソフィー・オコネドー 他

商品詳細を見る
(われわれの知らない場所で苦しんでいる人たちがいる。それを知ろうとする努力は大事だ。「ホテル・ルワンダ」はそんな努力をしようと思っている人に、その第一歩としてみることをお勧めする)

メディアが取捨選択した報道ではなく、世界でなにが起こっているか、自分できちんと関心を持ち追求することの大事さを認識させてくれる、そんなきっかけになる作品だ。


「5 Days of War」は日本ではまだDVDが発売されていないが、あくまでもプロパガンダ映画的なリスクがあることを知った上で、一度は試してもらいたい作品だ。




MARIBUの「さよならジュピターをつくったわけ」を是非、一度お試しください。


最新第8巻が現在絶賛発売中です。

今回はついに動き出した「さよならジュピター」の映画化計画の全貌が明らかになります!

小松左京事務所イオにはSF映画を作るために才能ある若者たちが集まりだした。
米田裕や張仁誠、小川正晴など、日本を代表する若きSFアーティストたちが結集!夢に向かって「ジュピター」は走り始めた!

米田氏や張氏へのインタビューに基づき、当時の状況を分析。

小松左京事務所イオの提供により初公開の写真も収録!
連絡艇の模型完成時の貴重な写真も収録。
今まで謎とされていたオーソン・ウェルズへの出演交渉の詳細やアーサー・C・クラークが「さよならジュピター」と自作「2010年宇宙の旅」の類似点にショックを受けて小松左京に送った手紙の内容まで、すべてが明らかになる第8巻!
お見逃しなく!!

ファン必見の最新第8巻の購入はこちらから!!
(定価200円)


現在、第一巻は無料DL提供中!この機会に是非、お試しください。
第一巻、無料DLはこちらから!

slide 1

こちらはCM画像です




「卒業になりそこねた映画」

Corvette Summer

映画「スター・ウォーズ」でルーク役を演じたマーク・ハミルが出演した青春映画「コルベット・サマー」。
この知られざる作品に秘められたなぞを脚本第一稿や当時の資料を駆使して解析。

監督がこの作品で意図していたのはなんだったのか?

映画ファン、マーク・ハミルファン必読の一冊。



お求めはこちらから。


豊富な電子書籍を取り揃えております。
MARIBU出版HPへはこちらから。

当社は日本最大のデジタルコンテンツ発売のDLマーケットを通じて電子書籍の販売を行っています。
ご安心してお買い物ください。









スポンサーサイト
  • Date : 2011-07-05 (Tue)
  • Category : 映画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop