プロフィール

maribu

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
187

映画「さよならジュピター」の新発見

*今回は大好評発売中の電子書籍「さよならジュピターをつくったわけ」の著者よりの寄稿を紹介いたします。なにかと評価がわかれる小松左京製作総指揮の映画「さよならジュピター」。小松左京を研究する上では欠かせない作品だ。しかし、海外で結構公開されていたことがわかっている(詳細は拙書「さよならジュピターをつくったわけ」参照)。今日、わかっている範囲ではスペインで劇場公開、ギリシアとドイツでビデオ公開されてい... *今回は大好評発売中の電子書籍「さよならジュピターをつくったわけ」の著者よりの寄稿を紹介いたします。<br /><br />なにかと評価がわかれる小松左京製作総指揮の映画「さよならジュピター」。<br />小松左京を研究する上では欠かせない作品だ。<br />しかし、海外で結構公開されていたことがわかっている(詳細は拙書「さよならジュピターをつくったわけ」参照)。<br /><br />今日、わかっている範囲ではスペインで劇場公開、ギリシアとドイツでビデオ公開されていた。<br />ちなみにスペインでは「Adios, Jupiter, Adios」、ドイツでは「Operation Jupiter」または「Jupiter Inferno」の題名だった。<br /><br />現在入手可能なところではアメリカでDVD販売、ならびにドイツでも限定的にDVD化されている。<br /><br />どうやら「さよならジュピター」が公開された時に東宝は海外セールスを行なっていたようだ。<br /><br />私が個人的に入手した80年代に製作されたと思われる英語吹き替え版「さよならジュピター」のVHSがある。これは明らかに東宝によって作られたものを思われる(東宝が製作した海外セールス用のポスターのタイトルロゴが劇中に用いられている)。<br /><br />しかし、具体的にどのようにセールスが行われたのかは、ちょっとわからなかった。<br />そんな中、新発見というか・・・。<br />東宝が「さよならジュピター」の海外セールス用として製作したと思われる「さよならジュピター」の予告編を発見した。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-24.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/Jup13_convert_20110922174039.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-24.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/Jup13_convert_20110922174039.jpg" alt="Jup13" border="0" width="240" height="330" /></a><br />小松左京氏、樋口真嗣監督、川北紘一監督はじめ当時のスタッフ関係者にインタビューしたノンフィクション大作、好評発売中!<br />現在第一巻は現在無料DLキャンペーン中!<br />ダウンロードは日本最大のデジタルコンテンツ販売を行なっているDLマーケット経由でできます。<br />DL希望の方は<span style="font-size:large;"><a href="http://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/67801/sort/8d" target="_blank" title="こちら">こちら</a></span>から!
  • Date : 2012-02-27 (Mon)
  • Category : 映画
186

自己啓発書を比べてみよう

自己啓発の書籍はたくさんある。複雑なストレス社会の中で生き抜くためにこういった本に注目が集まるのは理解できる。私はこういった啓発関係の書籍というのには懐疑的ではあった。そのため長い間、一冊も読んだことはなかった。しかし2年ほど前に様々な事情で人生が行き詰ってしまった。そのとき、啓蒙書を読んで感銘を受けた・・・・と言いたいのだが、ちょっと事情が違った。そこで、今回は私が読んだ色々な自己啓発の書物を実... 自己啓発の書籍はたくさんある。<br /><br />複雑なストレス社会の中で生き抜くためにこういった本に注目が集まるのは理解できる。<br /><br />私はこういった啓発関係の書籍というのには懐疑的ではあった。そのため長い間、一冊も読んだことはなかった。<br /><br />しかし2年ほど前に様々な事情で人生が行き詰ってしまった。<br />そのとき、啓蒙書を読んで感銘を受けた・・・・と言いたいのだが、ちょっと事情が違った。<br />そこで、今回は私が読んだ色々な自己啓発の書物を実体験に基づいて紹介してみたい。<br /><br />啓発書に興味はあってもなんとなく抵抗がある人・・・。その気持ちはわかる。確かに中には宗教まがいの「頭おかしいんじゃないの?」っていう「害にも毒にもなる啓発書」もあるのだ。<br /><br />したがって、ここでは私が実際に読んで、これなら大丈夫ですよ。という本を紹介したい。<br />ただ、「大丈夫」ではあっても受け取り側によって良し悪しはあるので、この文を参考に自分にあった本を探してもらいたい。<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001BAOCXE/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41wQfNrOPWL._SL160_.jpg" alt="THE SECRET [DVD]" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/B001BAOCXE/maribupublish-22" target="_blank">THE SECRET [DVD]</a><br />(2008/06/12)<br />ロンダ・バーン、ボブ・プロクター 他<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001BAOCXE/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />最近人気の自己啓発関連商品では人気ナンバーワンだろうか・・・。これはこれで良いのだが、鵜呑みにしてはいけないのがこの商品・・・(理由はRead Moreで!)
  • Date : 2012-02-24 (Fri)
  • Category : 書籍
185

生放送のおかしさ:ディヴィッド・リンチ製作「オン・ジ・エアー」

90年代、ディヴィッド・リンチ製作のTVシリーズ「ツイン・ピークス」が席巻した。私もVHSでレンタルして夢中になった口だ。いつレンタル店にいっても貸出中だったなあ。そんなリンチが「ツイン・ピークス」の放送終了後に製作したのが「オン・ジ・エアー」だ。ダークでミステリアスだった「ツイン・ピークス」と打って変わって今度はドタバタコメディ。あまり評価は高くないようだが・・・。リンチのコメディというのは珍しいし、... 90年代、ディヴィッド・リンチ製作のTVシリーズ「ツイン・ピークス」が席巻した。<br /><br />私もVHSでレンタルして夢中になった口だ。<br />いつレンタル店にいっても貸出中だったなあ。<br /><br />そんなリンチが「ツイン・ピークス」の放送終了後に製作したのが「オン・ジ・エアー」だ。<br />ダークでミステリアスだった「ツイン・ピークス」と打って変わって今度はドタバタコメディ。<br /><br />あまり評価は高くないようだが・・・。<br />リンチのコメディというのは珍しいし、私は決して嫌いではない。<br />今回はこの作品について・・・。<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008T54E/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/5153MVM78XL._SL160_.jpg" alt="On the Air [VHS] [Import]" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/B00008T54E/maribupublish-22" target="_blank">On the Air [VHS] [Import]</a><br />()<br />Ian Buchanan、Nancye Ferguson 他<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008T54E/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
  • Date : 2012-02-21 (Tue)
  • Category : 映画
184

チャップリンはどこで生まれたのか?

喜劇王チャップリン。数多くの偉大な作品を残したチャップリンだったが、私生活のスキャンダルも多かったようだ。そんなチャップリン、赤狩りの中でアメリカから国外退去を命ぜられてしまった。そんなチャップリン・・・その生涯は自伝の中に詳しく記されている。ロンドンに生まれ、貧しい環境の中、母親の愛情に包まれて暮らしたが母が精神を患い・・・というのは有名だ。しかし、英国情報機関MI5が公表した文書はチャップリンが... 喜劇王チャップリン。<br /><br />数多くの偉大な作品を残したチャップリンだったが、私生活のスキャンダルも多かったようだ。<br />そんなチャップリン、赤狩りの中でアメリカから国外退去を命ぜられてしまった。<br /><br />そんなチャップリン・・・その生涯は自伝の中に詳しく記されている。<br />ロンドンに生まれ、貧しい環境の中、母親の愛情に包まれて暮らしたが母が精神を患い・・・というのは有名だ。<br /><br />しかし、英国情報機関MI5が公表した文書はチャップリンが「イギリスで生誕したことが確認できない」という内容だった。<br /><br />いったいこの文書・・・何なのだろうか・・・?<br /><br /><br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000V4Q3Q/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51oxkhuxtuL._SL160_.jpg" alt="ブロンドと棺の謎 [レンタル落ち] [DVD]" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/B0000V4Q3Q/maribupublish-22" target="_blank">ブロンドと棺の謎 [レンタル落ち] [DVD]</a><br />(2008/07/01)<br />キルスティン・ダンスト/エドワード・ハーマン/エディ・イザード<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000V4Q3Q/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />スキャンダラスなチャップリンの私生活をミステリー風に描いた傑作がこちら。面白い。
  • Date : 2012-02-17 (Fri)
  • Category : 映画
183

大好評!MARIBU電子書籍「極限適応」を映画で見てみよう!!

MARIBUより好評発売中のSF小説「極限適応」。アシモフら現代のSF作家に多大な影響を与えたスタンリイ・ワインボウムの傑作SF小説だ。日本初翻訳にてMARIBUより絶賛発売中だ。SFファンだけでなくSF文学評論家の皆様にもご評価いただいている。物語は瀕死の少女に「適応力」を増強する薬剤を投与したことから始まるバイオスリラーだ。この作品はマイケル・クライトンやディーン・クーンツに代表される20世紀のバイオスリラーの原型と... MARIBUより好評発売中のSF小説「極限適応」。<br /><br />アシモフら現代のSF作家に多大な影響を与えたスタンリイ・ワインボウムの傑作SF小説だ。<br />日本初翻訳にてMARIBUより絶賛発売中だ。<br /><br />SFファンだけでなくSF文学評論家の皆様にもご評価いただいている。<br /><br />物語は瀕死の少女に「適応力」を増強する薬剤を投与したことから始まるバイオスリラーだ。<br /><br />この作品はマイケル・クライトンやディーン・クーンツに代表される20世紀のバイオスリラーの原型とも呼ばれる作品だ。<br /><br />この傑作は当然、何回か映像化されている。ほとんどは鑑賞が非常に困難だが1952年のドラマ版がYoutubeで視聴可能になっている。<br /><br />これはABCの「Tales of Tomorrow」シリーズの中で製作されたものだ。<br />日本ではSFテレビドラマというと子供向けである印象が強い。一方でアメリカでは「トワイライト・ゾーン」や「スター・トレック」といった大人を対象にしたSFドラマが多数製作されている。<br /><br />しかし、かつてはアメリカでもSFは子供向けだったのだ。<br />そんな中、初めてアメリカで製作された大人を対象としたSFドラマシリーズが「Tales of Tomorrow」だ。<br /><br />つまり、アメリカTVドラマ史に革命を起こしたシリーズといえる。ちなみに「2001年宇宙の旅」のアーサー・C・クラークの作品もこの「Tales of Tomorrow」の中で初めて映像化されたと言われている。<br /><br />その中の1エピソードとして製作されたのがMARIBUから好評発売中の「極限適応」を原作とした「Miraculous Serum」だ。<br /><br />SFファンの方は是非、お試しいただきたい。<br /><br />残念なことに日本語字幕がないが、原作を読んだ人は字幕なしでも楽しめるはずだ!<br /><br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/lC7vr0pkauo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />MARIBUより好評発売中の原作小説を是非、お試しください!<br />定価はわずか200円です。<br /><br /><span style="font-size:large;">「極限適応」</span><br /><a href="http://blog-imgs-24.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/AdaptiveUltimateDLMcover_convert_20111213140104.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-24.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/AdaptiveUltimateDLMcover_convert_20111213140104.jpg" alt="AdaptiveUltimateDLMcover_convert_20111213140104.jpg" border="0" width="240" height="332" /></a><br />定価200円。<br /><br />お求めは<span style="font-size:large;"><a href="http://www.dlmarket.jp/product_info.php/page/2/price/2/products_id/178377" target="_blank" title="こちら">こちら</a></span>から!<br />「こちら」をクリックいただきますと、日本最大のデジタルコンテンツ販売のDLマーケットの販売ページにご案内します。<br /><br />一度立ち読みでお試しください。<br /><iframe src="http://libura.com/gadget/viewer/?sv_ID=1j08abg14j9d&theme=blue&view=book&pageNo=&downloadperm=0&tagdispperm=0&showstart=0" width="600" height="470" frameborder="0"><a href="http://libura.com/viewer/1j08abg14j9d/"></a></iframe><br /><br />電子書籍のMARIBUのSF e-booksシリーズではワインバウム作品だけでなく、多くの傑作SF作品群をお届けする予定です。<br />SF好きの方、SF文学を研究されている方、すべての読書好きの方にお勧めできるシリーズと自負しております。<br />新作発売ニュースは随時公開いたします。<br />お見逃しなく!<br /><br />電子書籍MARIBUのサイトもお見逃しなく!<br />MARIBUへは<span style="font-size:large;"><a href="http://www.maribu2010.com/" target="_blank" title="こちら">こちら</a></span>から!<br />
  • Date : 2012-02-16 (Thu)
  • Category : 書籍
182

「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」あるいは「裏切りのサーカス」

ジョン・ル・カレの「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」の映画版「裏切りのサーカス」が今年の4月にようやく日本でも公開される。当ブログでは以前からこの作品を取り上げてきたが、一足先に鑑賞したので紹介を・・・。ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ハヤカワ文庫NV)(1986/11)ジョン・ル・カレ商品詳細を見る原作はイギリスでは大人気だ。なんだか日本の「忠臣蔵」のように愛されている気が・・・。ちょっ... ジョン・ル・カレの「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」の映画版「裏切りのサーカス」が今年の4月にようやく日本でも公開される。<br /><br />当ブログでは以前からこの作品を取り上げてきたが、一足先に鑑賞したので紹介を・・・。<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150404267/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51u9FwaUzpL._SL160_.jpg" alt="ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ハヤカワ文庫NV)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4150404267/maribupublish-22" target="_blank">ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ハヤカワ文庫NV)</a><br />(1986/11)<br />ジョン・ル・カレ<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150404267/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>原作はイギリスでは大人気だ。なんだか日本の「忠臣蔵」のように愛されている気が・・・。ちょっと違うかな?<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008MTJFFC/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51SwN9xmaZL._SL160_.jpg" alt="裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/B008MTJFFC/maribupublish-22" target="_blank">裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]</a><br />(2012/11/02)<br />ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース 他<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008MTJFFC/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
  • Date : 2012-02-14 (Tue)
  • Category : 映画
    Return to Pagetop