プロフィール

Author:maribu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='http://assys01.fc2.com/1384' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="http://media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
86

コーマック・マッカーシー原作「ザ・ロード」を読み、大岡昇平の「野火」を思う。

2006年に現代アメリカを代表する作家、コーマック・マッカーシーが発表した「ザ・ロード」は読書好きなら必ず読んでおきたい一冊だ。マッカーシーは「ノー・カントリー」(邦題)の題名で映画化された「血と暴力の国」でも有名だ。今回の「ザ・ロード」もすでに映画化されて公開されている。ただ、この作品は捉え方によって様々な見方が可能だ。私はこの作品を読んだときに感銘を受けるとともに、一方で微妙な「危うさ」のようなも... 2006年に現代アメリカを代表する作家、コーマック・マッカーシーが発表した「ザ・ロード」は読書好きなら必ず読んでおきたい一冊だ。<br /><br />マッカーシーは「ノー・カントリー」(邦題)の題名で映画化された「血と暴力の国」でも有名だ。<br />今回の「ザ・ロード」もすでに映画化されて公開されている。<br /><br />ただ、この作品は捉え方によって様々な見方が可能だ。<br /><br />私はこの作品を読んだときに感銘を受けるとともに、一方で微妙な「危うさ」のようなものも感じてしまった。<br /><br />今回は、この「ザ・ロード」について考えてみたい。<br />なるべく物語のネタバレはしないようにしたが、ある程度は許してほしい(ただ、この作品は推理小説ではないのでネタバレはあまり関係ないと思われるが・・・)<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200606/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31ZOkH1xFPL._SL160_.jpg" alt="ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4151200606/maribupublish-22" target="_blank">ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)</a><br />(2010/05/30)<br />コーマック・マッカーシー<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200606/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003ZX8FEM/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51J7montjTL._SL160_.jpg" alt="ザ・ロード [DVD]" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/B003ZX8FEM/maribupublish-22" target="_blank">ザ・ロード [DVD]</a><br />(2010/12/03)<br />ヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット・マクフィー 他<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003ZX8FEM/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />(こちらは映画版DVD)<br /><br />
  • Date : 2011-05-31 (Tue)
  • Category : 書籍
85

ケン・フォレット原作「巨人たちの落日」の微妙な理由

イギリスのサスペンス作家、ケン・フォレットの最新作「巨人たちの落日」が好評だ。去年の9月に洋書が出版されたとき、私は洋書版をすぐ購入していたのだがあまりのボリュームについ敬遠していたら翻訳がすでに発売されてしまった。あわてて手元にある原著版を読んでみた。たしかに滅法、面白かった。しかし、フォレットの同じく戦争を扱った傑作「針の目」(こちらは第二次大戦が舞台ではあったが)と比べるとどうしても見劣りす... イギリスのサスペンス作家、ケン・フォレットの最新作「巨人たちの落日」が好評だ。<br /><br />去年の9月に洋書が出版されたとき、私は洋書版をすぐ購入していたのだがあまりのボリュームについ敬遠していたら翻訳がすでに発売されてしまった。<br /><br />あわてて手元にある原著版を読んでみた。<br />たしかに滅法、面白かった。しかし、フォレットの同じく戦争を扱った傑作「針の目」(こちらは第二次大戦が舞台ではあったが)と比べるとどうしても見劣りする気がする。<br /><br />誤解しないでほしいが、友人から『「巨人たちの落日」はおすすめ?』と聞かれたら、迷わず「おすすめ」と答えると思う。でも、「針の目」と比べると・・・・。<br /><br />今回はそのあたりを検証してみたい。ネタバレにつながることは書かないので読もうか迷っている人はご心配なく。<br /><br /><iframe width="560" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/wHEjfvIzl2s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br />(こちらは出版社の「巨人たちの落日」の予告編映像)<br />
  • Date : 2011-05-27 (Fri)
  • Category : 書籍
84

副作用のない鎮痛剤?

片頭痛、歯の痛み、癌性の疼痛、腎臓結石による痛み・・・・。病気にはいろいろな痛みがついてまわる。これらの痛みに対処するには適切に鎮痛剤を使うことが大事だ。しかし、鎮痛剤には様々な副作用もあり、専門の医師による適切なコントロールが必要だ。しかし先週、学術誌「ネーチャー」の姉妹誌のひとつに「副作用がない鎮痛剤発見の可能性」についての論文が発表された。興味深いことに、この鎮痛物質は植物の中から発見された... 片頭痛、歯の痛み、癌性の疼痛、腎臓結石による痛み・・・・。<br />病気にはいろいろな痛みがついてまわる。<br /><br />これらの痛みに対処するには適切に鎮痛剤を使うことが大事だ。<br />しかし、鎮痛剤には様々な副作用もあり、専門の医師による適切なコントロールが必要だ。<br /><br />しかし先週、学術誌「ネーチャー」の姉妹誌のひとつに「副作用がない鎮痛剤発見の可能性」についての論文が発表された。<br /><br />興味深いことに、この鎮痛物質は植物の中から発見された。<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4524260889/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51C8KbQiLlL._SL160_.jpg" alt="NEW薬理学 改訂6版" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4524260889/maribupublish-22" target="_blank">NEW薬理学 改訂6版</a><br />(2011/04/01)<br />田中 千賀子/加藤 隆一<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4524260889/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />(薬について詳しく勉強するなら、この教科書が手ごろだろう)<br />
  • Date : 2011-05-25 (Wed)
  • Category : 科学
83

トム・ゴドウィン作 「冷たい方程式」

トム・ゴドウィンは1915年生まれのアメリカのSF作家だ。ゴドウィンは短編小説を数多く発表しているが、その中でも最も有名なのは「冷たい方程式」だ。「冷たい方程式」は今読むと、それほど衝撃的な内容ではないかもしれない。しかし、この作品はアメリカSF文学史上のひとつの大きな事件だったと言えるかもしれない。冷たい方程式 (ハヤカワ文庫 SF 380 SFマガジン・ベスト 1)(1980/02)トム・ゴドウィン商品詳細を見る... トム・ゴドウィンは1915年生まれのアメリカのSF作家だ。<br />ゴドウィンは短編小説を数多く発表しているが、その中でも最も有名なのは「冷たい方程式」だ。<br /><br />「冷たい方程式」は今読むと、それほど衝撃的な内容ではないかもしれない。<br />しかし、この作品はアメリカSF文学史上のひとつの大きな事件だったと言えるかもしれない。<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150103801/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61mSzqyELfL._SL160_.jpg" alt="冷たい方程式 (ハヤカワ文庫 SF 380 SFマガジン・ベスト 1)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4150103801/maribupublish-22" target="_blank">冷たい方程式 (ハヤカワ文庫 SF 380 SFマガジン・ベスト 1)</a><br />(1980/02)<br />トム・ゴドウィン<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150103801/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />
  • Date : 2011-05-23 (Mon)
  • Category : 書籍
82

深作欣二監督「軍旗はためく下に」を見る。

深作欣二監督の「軍旗はためく下に」は映画史、戦後社会史の双方においてもっと評価されてよい作品だと思う。この作品、どういったわけか日本ではDVD化されていない。しかし、アメリカではDVD化されている。近年、「バトル・ロワイヤル」がアメリカでも高く評価されたこと、さらにはクエンティン・タランティーノ監督が「キル・ビル」において深作監督にオマージュを捧げたことからアメリカで評価が高いようだ。早速、取り寄... 深作欣二監督の「軍旗はためく下に」は映画史、戦後社会史の双方においてもっと評価されてよい作品だと思う。<br /><br />この作品、どういったわけか日本ではDVD化されていない。<br />しかし、アメリカではDVD化されている。<br /><br />近年、「バトル・ロワイヤル」がアメリカでも高く評価されたこと、さらにはクエンティン・タランティーノ監督が「キル・ビル」において深作監督にオマージュを捧げたことからアメリカで評価が高いようだ。<br /><br />早速、取り寄せてみた。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-47.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/2011051819052898a.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-47.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/2011051819052898a.jpg" alt="軍旗" border="0" width="354" height="500" /></a><br /><br />こちらがそのパッケージ。アメリカ版タイトルは「Under the Flag of the Rising Sun」
  • Date : 2011-05-18 (Wed)
  • Category : 未分類
81

「スター・ウォーズ」と「エアウルフ」の奇妙なコラボ

「エアウルフ」といえば1980年代に人気を博したヘリコプターをめぐるアメリカのTVシリーズだ。一方、「スター・ウォーズ」は今でも多くのファンを魅了するジョージ・ルーカスのヒットシリーズだ。この二作品の奇妙なコラボが見れる動画をYoutubeで見つけたので紹介したい。まずは本家「エアウルフ」のオープニングから。... 「エアウルフ」といえば1980年代に人気を博したヘリコプターをめぐるアメリカのTVシリーズだ。<br /><br />一方、「スター・ウォーズ」は今でも多くのファンを魅了するジョージ・ルーカスのヒットシリーズだ。<br /><br />この二作品の奇妙なコラボが見れる動画をYoutubeで見つけたので紹介したい。<br /><br />まずは本家「エアウルフ」のオープニングから。<br /><br /><iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/iCXbvRrz7Uo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  • Date : 2011-05-16 (Mon)
  • Category : 未分類
80

オサマ・ビン・ラディン殺害。この事実を映画で考える

ビン・ラディンが米軍によって殺害された事件が世の中を騒がせている。日本の報道はアメリカの報道をそのまま受け売りで流しているものがほとんどだ。今回もやはり、メディアの伝えることを鵜呑みしていてはいけないだろう。自分の知性で事件を捉え、考察することが大事だろう。それには情報をさまざまな方面からかき集めることが大事だろう。われわれはどうしても西洋諸国からの報道は目にするが、今回の事件をイスラム圏の人たち... ビン・ラディンが米軍によって殺害された事件が世の中を騒がせている。<br />日本の報道はアメリカの報道をそのまま受け売りで流しているものがほとんどだ。<br /><br />今回もやはり、メディアの伝えることを鵜呑みしていてはいけないだろう。自分の知性で事件を捉え、考察することが大事だろう。<br /><br />それには情報をさまざまな方面からかき集めることが大事だろう。<br />われわれはどうしても西洋諸国からの報道は目にするが、今回の事件をイスラム圏の人たちはどう捉えているのについてはわかりずらい。<br /><br />まず、イスラム圏の人々の生の声をどうやったら聞けるのだろうか。<br />政治体制のこともあるから自由に発言するのもはばかられる国もあることだろう。<br /><br />しかし、西洋一辺倒の価値観だけで今回の事件んを捉えていては、世界は決してよくはならない。<br />まずは自分で考えてみたい。<br /><br />そんなことを考えていたら2008年公開のドキュメンタリー映画「ビン・ラディンを探せ!」を思い出した。<br />この作品はわれわれの固定された価値観を崩す上で、大事な一歩を提供してくれるかもしれない。<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004BR3LUE/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51XU-ezzV%2BL._SL160_.jpg" alt="ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/B004BR3LUE/maribupublish-22" target="_blank">ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]</a><br />(2011/01/26)<br />不明<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004BR3LUE/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />
  • Date : 2011-05-11 (Wed)
  • Category : 未分類
79

原発についての知識をしっかりと: 原発と白血病の関係

福島の原発問題がある程度落ち着いてきた模様だ。しかし、こうなると色々な根拠のない風評などが出回る。嘆かわしいのはテレビのゲストコメンテーターなどの中には「偽知識人」ともいえる人がいて、実に根拠のない無責任な発言を繰り返していることだ。日本の将来や原発については冷静かつ知的に、そして論理的に「自分の力で」知識を得て、そして考えることが重要だ。そんな中、と原発周辺に暮らす子供と白血病の発症に関して新た... 福島の原発問題がある程度落ち着いてきた模様だ。<br />しかし、こうなると色々な根拠のない風評などが出回る。嘆かわしいのはテレビのゲストコメンテーターなどの中には「偽知識人」ともいえる人がいて、実に根拠のない無責任な発言を繰り返していることだ。<br /><br />日本の将来や原発については冷静かつ知的に、そして論理的に「自分の力で」知識を得て、そして考えることが重要だ。<br /><br /><br />そんな中、と原発周辺に暮らす子供と白血病の発症に関して新たな論文が発表された。<br /><br />2008年にドイツのKiKK(Kinderkrebs in der Unbebung von Kernkraftwerken)調査の際、原発周辺に暮らす子供には白血病の発症率が高い、というショッキングな内容が報告された。このドイツの研究グループは原発からリークする微量の放射線が白血病の発症を促している可能性を指摘していた。<br />この研究結果は、現在でもワイドショーのコメンテーターが引用する研究だ。<br /><br />しかし、この研究内容に反論が出た。<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062574136/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51473NGNWCL._SL160_.jpg" alt="「ネイチャー」を英語で読みこなす(ブルーバックス)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4062574136/maribupublish-22" target="_blank">「ネイチャー」を英語で読みこなす(ブルーバックス)</a><br />(2003/06/21)<br />竹内 薫<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062574136/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />
  • Date : 2011-05-09 (Mon)
  • Category : 科学
78

「エイリアン」シリーズ最新作、「プロメテウス」の最新情報

以前、リドリー・スコット監督による「エイリアン」シリーズ最新作「プロメテウス」について報告したが、最新の情報が入ってきた。「エイリアン」の世界観を維持しつつまったく新しい作品となるこの最新作、果たしてどのような仕上がりになるのだろうか。Alien Vault: The Definitive Story of the Making of the Film(2011/10/15)Ian Nathan商品詳細を見るこちらは今年の秋に発売予定の「エイリアン」のメイキング本の決定版。フ... 以前、リドリー・スコット監督による「エイリアン」シリーズ最新作「プロメテウス」について報告したが、最新の情報が入ってきた。<br /><br />「エイリアン」の世界観を維持しつつまったく新しい作品となるこの最新作、果たしてどのような仕上がりになるのだろうか。<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0760341125/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31YKpE3kUUL._SL160_.jpg" alt="Alien Vault: The Definitive Story of the Making of the Film" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/0760341125/maribupublish-22" target="_blank">Alien Vault: The Definitive Story of the Making of the Film</a><br />(2011/10/15)<br />Ian Nathan<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0760341125/maribupublish-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />こちらは今年の秋に発売予定の「エイリアン」のメイキング本の決定版。ファンならおさえておきたい一冊だ。
  • Date : 2011-05-04 (Wed)
  • Category : 未分類
77

ジェフリー・アーチャー原作「ケインとアベル」ドラマ版がイギリスで発売:楽しむ英語勉強のススメ

「ケインとアベル」といえば英国の作家、ジェフリー・アーチャーの代表作のひとつだ。1979年に発表されたこの作品は同年同日に生まれた二人の男「ケイン(アメリカの銀行家の息子)」と「アベル(ポーランド生まれの私生児)」の数奇な運命を描く長編小説だ。この作品は1985年にCBSによってドラマ化された。ケイン役はサム・ニール。アベル役はピーター・ストラウスが演じていた。日本でもテレビ朝日系列で放送された。この日本... 「ケインとアベル」といえば英国の作家、ジェフリー・アーチャーの代表作のひとつだ。<br />1979年に発表されたこの作品は同年同日に生まれた二人の男「ケイン(アメリカの銀行家の息子)」と「アベル(ポーランド生まれの私生児)」の数奇な運命を描く長編小説だ。<br /><br />この作品は1985年にCBSによってドラマ化された。<br />ケイン役はサム・ニール。アベル役はピーター・ストラウスが演じていた。<br /><br />日本でもテレビ朝日系列で放送された。<br />この日本放送時は、主役二人の日本語吹き替えにしびれた。アベルを平幹ニ郎が、ケインを山本圭が担当していた。<br /><br />実際に演じた二人のハリウッド俳優もさることながら、日本を代表する実力派俳優二人の吹き替えはなんとも粋なものだった。<br /><br />さて、このドラマ版は長い間DVD化されなかった。アメリカでもいまだに発売されていない。<br />しかし、なぜかイギリスで発売されたので早速取り寄せてみた。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/2011050322162865d.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/m/a/r/maribupublishing/2011050322162865d.jpg" alt="kane" border="0" width="300" height="300" /></a><br /><br />
  • Date : 2011-05-03 (Tue)
  • Category : 書籍
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。